アナザーリリックの気性や脚質・距離適性は?血統から名前の意味など基本情報まとめ

競馬

今回は、2021年の「アネモネS(L)」、「佐渡S(3勝クラス)」で1着となった”アナザーリリック”ちゃんについてご紹介します!

アナザーリリックちゃんの血統や名前の意味などの基本情報から、気性・性格についてもまとめていきたいと思います!

最後の方ではこれまでのレース結果に加えて、脚質や距離適性についても調べていこうと思いますので、もしよろしければご覧ください!

スポンサーリンク

アナザーリリックの基本プロフィール

名前 アナザーリリック
性別 牝馬
生年月日 2018年3月17日
年齢 3歳
毛色 鹿毛
調教師 林徹(美浦)
馬主 シルクレーシング
生産者 ノーザンファーム

アナザーリリック名前の意味・由来

アナザーリリックちゃんの馬名の意味は、「もう一つの抒情詩」です!

”抒情詩(じょじょうし)”とは詩歌の分類の一種で、詩人個人の感情・思想を表現し、内面的な世界観を読者に伝える詩を指す言葉です。

母のアンソロジーさんや、その母のポップスさんから連想して付けられました。

馬名の意味は「アンソロジー=選集(詩文を選び集めた本)、名曲集、名画集」、「ポップス=ポピュラー音楽、大衆音楽のこと」を指し、母系は”詩”を連想させるお名前でまとめられているようです!

アナザーリリックの血統

父:リオンディーズ 父:キングカメハメハ 父:Kingmambo
母:マンファス
母:シーザリオ 父:スペシャルウィーク
母:キミフプリミエール
母:アンソロジー 父:サクラバクシンオー 父:サクラユタカオー
母:サクラハゴロモ
母:ポップス 父:サンデーサイレンス
母:ポップシンガー

父:リオンディーズ×母:アンソロジー

アナザーリリックちゃんの父は、2015年にデビューし5戦で引退となった”リオンディーズ”さんです!

父にキングカメハメハさん、母にシーザリオさんを持つ良血馬で、自身はデビューからわずか29日目で「朝日フューチュリティS(GⅠ)」を制覇しました。

しかしながら、秋初戦に予定していた神戸新聞杯(GⅡ)を前に故障が判明し、現役続行は不可能と判断されたため惜しまれながらの引退となりました。

その後は若くして種牡馬入りをし、リオンディーズさんの血を受け継いだ仔たちが日々頑張ってくれています♪

母は、2006年~2009年まで競走馬として走った”アンソロジー”さんです!

父にスプリンターとして名高い”サクラバクシンオー”さんを持ち、重賞を制覇することは叶いませんでしたが、自身も短距離で活躍を見せました。

アナザーリリックちゃんは、アンソロジーさんの8番仔に当たります!

アナザーリリックの気性・性格は?

アナザーリリックちゃんは、どんな気性・性格の女の子なのでしょうか?

気が強い女の子!

アナザーリリックちゃんは、気性面で少し難しいところがあり気の強い女の子のようです!

リオンディーズ産駒は、その母のシーザリオさんの影響もあり気性難の仔が多いとも言われています。

実戦向きの性格で、少しずつ気性面も成長を見せておりこれからが楽しみだというアナザーリリックちゃん♪

テンションが上がらないように、気の強いところを良い方に出せるかがレースでの勝敗のポイントとなりそうです!

アナザーリリックこれまでのレース結果

日付 開催 天気 馬場 レース名 コース 着順
2020年8月29日 新潟 2歳新馬 芝1600左 1着
2021年1月16日 中山 菜の花賞(1勝クラス) 芝1600右 2着
2021年3月14日 中山 アネモネステークス(L) 芝1600右 1着
2021年5月9日 東京 NHKマイルカップ(GⅠ) 芝1600左 7着
2021年7月31日 新潟 佐渡ステークス(3勝クラス) 芝1800左 1着

【2020年・2歳新馬戦】2馬身差つけての快勝!

比較的落ち着いた様子で挑んだデビュー戦!
道中は中団の外につけてレースを進めたアナザーリリックちゃん。
最後の直線では、反応が遅めだったもののラスト200mのところでエンジンがかかり一気に差し切り勝ち!
2馬身差をつけた快勝となりました♪

【2021年・アネモネS(L)】重馬場の中、豪快に差し切り勝ち!

スタートも上手に決めて、後方からレースを進めたアナザーリリックちゃん!
3コーナーを回ったところで、早めに仕掛けて進出していきました!
4コーナーでは4番手につけて外から大きく回り直線を向くと、エンジン全開!!
ゴール手前で鮮やかに差し切って勝利を収めました♪

【2021年・NHKマイルC(GⅠ)】初のGⅠでは7着!

スタートでは勢いよく飛び出し、9番手につけてレースを進めたアナザーリリックちゃん。
道中は、勝ち馬のシュネルマイスターくんの近くを追走していました。
しかしながら、今までのレースより時計が速かったこともあり、最後の直線では食らいついていこうという様子が見られましたが、結果は7着となりました。

【2021年・佐渡S(3勝クラス)】人気に応えて1着!完勝!

落ち着いてスタートを決めて、後方からレースを進めたアナザーリリックちゃん!
道中は内で脚を溜めていましたが、最終コーナーを回ると大外から一気に追い上げ先頭に立ちました!
結果は、2馬身差以上をつけての完勝となりました!

アナザーリリックの脚質は?

アナザーリリックちゃんは、中団から後方に構えて末脚を生かした差す競馬が得意そうです♪

デビュー戦でも分かるようにエンジンが掛かるのが遅めな方ではあるものの、佐渡S(3勝クラス)の際にはエンジン点火も早くなった印象で成長を感じさせました!

鞍上を務める津村明秀騎手は、”エンジンがかかってから良い脚を長く使ってくれる”と評価しておりアナザーリリックちゃんの強みと言えそうです。

アナザーリリックの距離適性は?

アナザーリリックちゃんはこれまで、芝1600m~1800mの距離を経験してきました。

血統的には、マイルで活躍を見せた父リオンディーズさん、短距離を得意とした母アンソロジーさん。

父系はマイル~中距離、母系は短距離~マイルといった印象です。

体型としては、牝馬であるにも関わらず、骨量・筋肉量が豊富で首が太め、肩が発達しており腹袋もどっしりとしたマイラータイプと言われているようです!

少なくとも1600mへの距離に適性があることは確かで、2000mまでは守備範囲と見てもよいのではないでしょうか。

アナザーリリックまとめ

今回は、2021年の「アネモネS(L)」、「佐渡S(3勝クラス)」で1着となった”アナザーリリック”ちゃんについてご紹介しました!

父にリオンディーズさん、母にアンソロジーさんを持つ鹿毛の女の子です!

父の母シーザリオさんの影響もあり、少し気性が難しく気の強い一面があるようですが、その気性もレースで良い方向に出ていそうです♪

終いの伸びが優秀で、エンジンが掛かってからは長く脚を使うこともできます!

心身ともに成長中!これからのレースがとっても楽しみですね!!

次走…【秋華賞(GⅠ)に出走予定】阪神・芝2000m(右)

7月の佐渡Sを完勝したアナザーリリックちゃんは、一息入れて次走は秋華賞に出走を予定しています!
はじめての2000m戦となるので距離がこなせるのか気になりますが、ぜひ頑張ってもらいたいと思います♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました