アリーヴォの気性や脚質・距離適性は?血統から名前の意味など基本情報まとめ

競馬

今回は、土砂降りの不良馬場のなか「柳川特別(2勝クラス)」を勝利した”アリーヴォ”くんについてご紹介します!

アリーヴォくんの血統や名前の意味・由来などの基本情報から、気性・性格についてもまとめていきたいと思います!

最後の方ではこれまでのレース結果に加えて、脚質や距離適性についても調べていこうと思いますので、もしよろしければご覧ください♪

スポンサーリンク

アリーヴォの基本プロフィール

名前 アリーヴォ
性別 牡馬
生年月日 2018年5月17日
年齢 3歳
毛色 鹿毛
調教師 杉山晴紀(栗東)
馬主 シルクレーシング
生産者 ノーザンファーム

アリーヴォ名前の意味・由来

アリーヴォくんの馬名は、イタリア語で「到達する」という意味です!

父のドゥラメンテさんより連想されて付けられたお名前のようです。

”ドゥラメンテ”はイタリア語で「荒々しく、はっきりと(音楽用語)」という意味となりますが、同じイタリア語からつけようと連想されたものと思われます。

2015年の皐月賞、ダービーとクラシック2冠を達成した父から連想されたお名前ということで、アリーヴォくんにもぜひ重賞戦線、G1での活躍も期待したいですね♪

アリーヴォの血統

父:ドゥラメンテ 父:キングカメハメハ 父:Kingmambo
母:マンファス
母:アドマイヤグルーヴ 父:サンデーサイレンス
母:エアグルーヴ
母:エスメラルディーナ 父: Harlan’s Holiday 父:Harlan
母:Christmas in Aiken
母:ターシャズスター 父:Spanish Steps
母:Ms. Cuvee Napa

父:ドゥラメンテ×母:エスメラルディーナ

アリーヴォくんの父は、2014年~2016年まで競走馬として活躍し、「皐月賞(GⅠ)」と「ダービー」を制覇した”ドゥラメンテ”さんです!

父にキングカメハメハさん、母にアドマイヤグルーヴさんを持つ超良血馬で生まれる前から皆の期待を背負って生まれてきて、その想いに見事に応えた名馬です。

ドゥラメンテさんといえば、「荒々しく、はっきりと(音楽用語)」といった意味のお名前の通り、気性に荒さはあったものの強烈な末脚が武器でした。

2015年のダービーでは、父キングカメハメハさんやディープインパクトさんのタイムを0.1秒更新し、レースレコードを叩き出しています。

また、皐月賞や中山記念の際にはパドックを周回しながら、時々リズムよく前脚を大きく振り上げてから下ろす、癖のある歩き方も話題になり”この歩き方をしているときは特に調子がいい!”とも言われていたようです!

(アンダルシアンホースが見せる、”スペイン常歩”という歩き方に似ているのだとか。)

そして母は、アメリカ生まれで日本の競走馬として活躍した”エスメラルディーナ”さんです!

父に2002年の「フロリダダービー」などを制覇したアメリカの競走馬、ハーランズホリデー(Harlan’s Holiday)さんを持ち、自身は2013年~2015年まで重賞戦線で活躍を見せました。

アリーヴォくんはエスメラルディーナさんの2番仔にあたります。

アリーヴォの気性・性格は?

アリーヴォくんの気性・性格はどういった男の子なのでしょうか?

返し馬ではテンション高め!

アリーヴォくんは、少し入れ込みやすくテンションが高くなってしまう事があるようです!

父が気性激しめだったドゥラメンテさんですから、多少その気性を受け継いでいるものと思われます。

返し馬でテンションが上がってしまい、余計な体力を消耗してしまうこともあるようなので、いかにレース前にリラックスしていられるかが重要そうですね!

前向きさや闘争心は大事だと思いますし、レースを見る限りはムキになりすぎることもなく走れている印象♪

また、土砂降りの泥んこ試合だった柳川特別の際には最後まで一生懸命走りきる姿を見せてくれていて、根性のある男の子であることも証明してくれています♪

アリーヴォこれまでのレース結果

日付 開催 天気 馬場 レース名 コース 着順
2020年10月3日 中京 2歳新馬 ダ1800左 11着
2020年12月27日 阪神 2歳未勝利 芝2000右 3着
2021年2月20日 小倉 3歳未勝利 芝1800右 1着
2021年4月10日 新潟 ひめさゆり賞(1勝クラス) 芝2000左 2着
2021年5月22日 中京 メルボルントロフィー(1勝クラス) 芝2200左 3着
2021年7月3日 小倉 小雨 国東特別(1勝クラス) 芝2000右 1着
2021年8月14日 小倉 柳川特別(2勝クラス) 芝2000右 1着

【2020年・2歳新馬戦】ダートでデビュー!も11着

少しテンション高めの様子で、少し出遅れ気味でスタートを切ったアリーヴォくん!道中は中団の後ろめに構えてレースを進めました。しかしながら、脚もなかなか伸びず結果は11着となりました。

【2020年・2歳未勝利】芝に転向して好気配!の3着♪

デビュー戦から約3ヶ月ほど間を空けて、2戦目から芝に挑戦したアリーヴォくん!スタートを上手に決めて前向さもだしつつ2番手でレースを進めました!最後の直線では粘りに粘って3着でゴールイン!芝で好感触の走りを見せてくれました!

【2021年・国東特別(1勝クラス)】人気に応えて1着!

まずまずのスタートを決めたアリーヴォくん!タマモネックタイくんが勢いよく逃げて、アリーヴォくんは中団4番手に控えてレースを進めました。道中は、内にいるカレンルシェルブルくんの横にピッタリとついて追走しました。4コーナーで外から仕掛けて直線を向くと先頭に立ちました!内をついて伸びてきたカレンルシェルブルくんとの追い比べをクビ差で制して勝利となりました!

【2021年・柳川特別(2勝クラス)】アリーヴォ根性見せる!同着勝利!

前が見えないくらいの土砂降り&不良馬場となった柳川特別。スタートは出遅れもあり、後ろの方に控えてのレース運びとなりました。道中はなんとか追走している感じにも見えます。しかし、3~4コーナーで徐々に前へ進出していくと、最終コーナーを回って直線を向いたところで前が空きました!そこから一生懸命脚を伸ばして、先に抜け出していたラストヌードルくんに迫ります!!ゴール直前で並んで入線!判定の結果、1着同着となりました♪土砂降りで道も悪い中、本当に頑張ってくれました!

アリーヴォの脚質は?

アリーヴォくんは、中団もしくは後方から捲る競馬が得意そうです。

スタートで出遅れてしまうことがあり後方に控える形になりますが、瞬発力はそこまでなくともロングスパートに長けており、早めに前に進出していってもゴールまでしっかりと脚を伸ばしてくれそうです!

馬体の成長もあって、道悪も得意と言って良さそうです!

アリーヴォの距離適性は?

アリーヴォくんはこれまで、ダート1800m、芝1800m~2200mまでの距離を経験してきました!

ダートはデビューの1戦のみで、2戦目以降は芝で好走を見せています。

重賞戦線ではまだ戦えていませんが、1勝クラスから2勝クラスでは順調に勝利を挙げており、2000m前後の距離を得意としていそうです。

ドゥラメンテ産駒の特徴としては、牡馬は芝1800m~2000mが得意な傾向のようですがロングスパートに長けているアリーヴォくんは、もう少し距離が伸びても対応できる可能性がありそうです!

アリーヴォまとめ

今回は、土砂降りの不良馬場のなか「柳川特別(2勝クラス)」を勝利した”アリーヴォ”くんについてご紹介しました!

父にドゥラメンテさん、母にエスメラルディーナさんを持つ鹿毛の男の子です!

ドゥラメンテさんの仔らしく少しテンションが高くなってしまうことはあるようですが、レースでは比較的折り合いをつけることができており、また根性ある走りを見せてくれています♪

まだ重賞戦線で戦うことは出来ていませんが、1勝クラスから2勝クラスを順調に勝ち上がることができました!

本格化するのはもう少し先となりそうですが、今後の成長力次第ではG1でも活躍していってくれる可能性もあると思います♪

ぜひ頑張って活躍していってほしいですね!!

次走…【菊花賞(GⅠ)に出走予定】阪神・芝3000m(右)

アリーヴォくんは次走、菊花賞に出走を予定しています!アリーヴォくんにとって初のG1の舞台です♪着実に成長を見せているアリーヴォくんの走りに期待です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました