アサマノイタズラの気性や脚質・距離適性は?血統から名前の意味など基本情報まとめ

競馬

今回は、2021年「セントライト記念(GⅡ)」で見事な末脚で勝利を収めた”アサマノイタズラ”くんについてご紹介します!

アサマノイタズラくんの血統や名前の意味・由来などの基本情報から、気性・性格についてもまとめていきたいと思います!

最後の方ではこれまでのレース結果に加えて、脚質や距離適性についても調べていこうと思いますので、もしよろしければご覧ください♪

スポンサーリンク

アサマノイタズラの基本プロフィール

名前 アサマノイタズラ
性別 牡馬
生年月日 2018年4月1日
年齢 3歳
毛色 黒鹿毛
調教師 手塚貴久(美浦)
馬主 星野壽市
生産者 前野牧場

アサマノイタズラ名前の意味・由来

アサマノイタズラくんの馬名は”上毛かるた”を由来とし、読み札「”浅間のいたずら” 鬼の押出し」から命名されたそうです!

上毛かるた(じょうもうかるた)とは、1947年(昭和22年)に発行された群馬県を代表する郷土かるたことです。

馬主である星野壽市(ほしの・じゅういち)さんは、群馬県高崎市に本社を構える「三栄商事株式会社」の取締役会長で、近年は毎年1頭ずつかるたの読み札を由来とする馬名をつけられているのだとか!

アサマノイタズラくん以外にも、
・ライトカラカゼくん(「雷と空風 義理人情」)
・ヘイワノツカイくん(「平和の使徒 新島襄」)
・ココロノトウダイくん(「心の燈台 内村鑑三」)
・エンギダルマくん(「縁起だるまの 少林山」)
なども星野さんの所有馬で、上毛かるたにちなんだお名前がつけられています♪

ユニークかつ、地元愛に溢れおり、それでいて聡明さも兼ね備えた素敵なお名前ですね!!

アサマノイタズラの血統

父:ヴィクトワールピサ 父:ネオユニヴァース 父:サンデーサイレンス
母:ポインテッドパス
母:ホワイトウォーターアフェア 父:Machiavellian
母:Much Too Risky
母:ハイタッチクイーン 父: キングヘイロー 父:ダンシングブレーヴ
母:グッバイヘイロー
母:オペラレディ 父:オペラハウス
母:レディステラ

父:ヴィクトワールピサ×母:ハイタッチクイーン

アサマノイタズラくんの父は、2009年(2歳)~2011年(4歳)まで競走馬として大活躍した”ヴィクトワールピサ”さんです!

2010年の「皐月賞(GⅠ)(芝)」・「有馬記念(GⅠ)(芝)」を制覇し、2011年には「ドバイワールドカップ(GⅠ)(ダート)」も制覇。

日本のみならず世界での活躍を見せ、芝とダートの両方でGⅠ馬となった名馬です!

そして母は、2009年(2歳)~2013年(6歳)まで競走馬として走った”ハイタッチクイーン”さん。

重賞制覇などは叶わなかったものの、父に「高松宮記念(GⅠ)」などを制覇したキングヘイローさんを持ちます!

アサマノイタズラくんは、ハイタッチクイーンさんの4番仔にあたり母に産駒として初めて重賞制覇を捧げることが出来ました。

アサマノイタズラの気性・性格は?

アサマノイタズラくんはどういった気性・性格の男の子なのでしょうか?

3歳になって気性に落ち着き

アサマノイタズラくんの気性・性格についての情報が多くはなかったものの、ヴィクトワールピサ産駒ということもあってか少し気性に難しいところがある様子

しかしながら、3歳になってからは調教でも落ち着きが出てきて、レースでは道中の折り合い面も心配がなくなってきたようです!

皐月賞のときなどはGⅠということもあって少しテンションが高くなってしまったのか、道中ではかかり気味ではあった印象。

しかし、セントライト記念では後方から落ち着いてレースを進めることができ、精神面での成長も感じさせてくれました♪

マイペースにレースを進めることができれば、ムキになって走ることもなくアサマノイタズラくんの良さが生かされそうです!

アサマノイタズラこれまでのレース結果

日付 開催 天気 馬場 レース名 コース 着順
2020年12月13日 中山 2歳新馬 芝1800右 3着
2021年1月5日 中山 3歳未勝利 芝2000右 1着
2021年2月27日 中山 水仙賞(1勝クラス) 芝2200右 4着
2021年3月21日 中山 フジテレビ賞スプリングステークス(GⅡ) 芝1800右 2着
2021年4月18日 中山 皐月賞(GⅠ) 芝2000右 16着
2021年7月4日 福島 小雨 ラジオNIKKEI賞(GⅢ) 芝1800右 12着
2021年9月20日 中山 朝日杯セントライト記念(GⅡ) 芝2200右 1着

【2021年・2歳新馬戦】デビュー戦は3着!

ゲートのなかで大人しくスタートを待つアサマノイタズラくんは、若干出遅れ気味でスタートを切るも2番手まで押し上げていってレースを進めました。
道中は折り合いも悪くなく、先頭に立ったエイペクスくんをがっちりマークして追走していきます。
しかしながら最後の直線では伸びを欠いてしまい、なんとか粘り込んでの3着となりました。

【2021年・スプリングS(GⅡ)】7番人気もアタマ差の2着と健闘!

スタートを上手に決めたアサマノイタズラくんは、道中6番手あたりを追走してレースを進めました!3、4コーナーを回りながら早めに前へ進出すると、直線では重馬場ながらも脚を伸ばし競り負けずに懸命に走りました!最後はヴィクティファルスくんに差されましたが、7番人気を覆しアタマ差の2着と好走を見せてくれました♪

【2021年・皐月賞(GⅠ)】初めてのGⅠは16着

皐月賞へ参戦したアサマノイタズラくん。
スタートでは少し左に寄れる様子を見せましたが、二の脚で5番手あたりを追走する形でレースを進めました。道中は少し掛かっている様子を見せつつ、4コーナーで外を回り直線を向こうというところで、両サイドのお馬さんにサンドされるように軽く接触した様子。そこからは、脚が思うように伸びず16着となりました。

【2021年・セントライト記念(GⅡ)】9番人気覆して堂々の1着!

スタートを上手に決めて、マイペースを保って11番手の後ろからの競馬を見せたアサマノイタズラくん!道中は、前を走るお馬さんから4馬身ほど離れポツンと1頭で脚を溜めながら走りました。4コーナー手前では前との差がだんだん詰まっていき、最後の直線に入りました!
直線では末脚を爆発させ一気に追い込んでいきました!ゴールの手前で見事に先頭を差し切り勝利しました♪

アサマノイタズラの脚質は?

アサマノイタズラくんは、先団・中団に控えて終いを伸ばす走りが多く、パワー型で時計や上りを要する展開になって抜け出してくるパターンが多いようです。

しかし、セントライト記念では後方に控えての競馬を見せてくれました。

先行馬が多かったことや、アサマノイタズラくんが後方でマイペースに走ることで脚を溜めることができ、最後の直線ではメンバー最速の末脚で追い込んで勝ちきりました。

ピリピリすることなく落ち着いて脚を溜めることができれば、キレのある脚で差し切ることができそうなので、中団~後方の位置での競馬が得意と言えそうです。

アサマノイタズラの距離適正は?

アサマノイタズラくんはこれまで、芝1800m~2200mまでの距離を経験してきました!

2000m・2200mで勝利を挙げており、1800mでも好走を見せていることから、現在のところ2000m前後の距離に適正がありそうです。

ヴィクトワールピサ産駒の特徴として、芝1800mほどで好走を見せる仔が多いようですが、アサマノイタズラくんはそれより少し長めの距離でも戦えそうです!

アサマノイタズラまとめ

今回は、今回は、2021年「セントライト記念(GⅡ)」にて、見事な末脚で勝利を収めた”アサマノイタズラ”くんについてご紹介しました!

父にヴィクトワールピサさん、母にハイタッチクイーンさんを持つ黒鹿毛の男の子です♪

”アサマノイタズラ”という馬名は、群馬の郷土かるた”上毛かるた”を由来として付けられ、ユニークかつ地元愛にあふれ、聡明さも兼ね備えた素敵なお名前をつけてもらいました!

これからの活躍に期待したいと思います♪

次走…【菊花賞(GⅠ)に出走予定】阪神・芝3000m(右)

アサマノイタズラくんはセントライト記念で優先出走権を勝ち取り、次走は菊花賞に出走を予定しています♪
3000mという長い距離とはなりますが、自分らしく走ってほしいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました