ウォーターナビレラの気性や脚質・距離適性は?血統から名前の意味など基本情報まとめ

競馬

今回は、2021年の「KBSファンタジーステークス(GⅢ)」を勝利した”ウォーターナビレラ”ちゃんについてご紹介します!

ウォーターナビレラちゃんの血統や名前の意味・由来などの基本情報から、気性・性格についてもまとめていきたいと思います!

最後の方ではこれまでのレース結果に加えて、脚質や距離適性についても調べていこうと思いますので、もしよろしければご覧ください♪

スポンサーリンク

ウォーターナビレラの基本情報

名前 ウォーターナビレラ
性別 牝馬
生年月日 2019年5月27日
年齢 2歳
毛色 青鹿毛
調教師 武幸四郎 (栗東)
馬主 山岡正人
生産者 伏木田牧場

ウォーターナビレラ名前の意味・由来

ウォーターナビレラちゃんは、「ウォーター=冠名」+「ナビレラ=蝶々のように羽ばたく(ハングル)」です!

馬主は京都の祇園でフランス料理店「祇園・うを多」を営む、山岡正人(やまおか・まさと)さんです。

父の故・山岡良一さんも同じ冠名を使用しており、”ウォーター”の由来は良一さんの娘さんが沢田研二さんのファンで、当時バックバンドをしていた「”ウォーター”バンド」から付けられたそうです!

”ナビレラ”は、韓国語で「蝶(ナビ)のように羽ばたく」という意味なんだとか!

ウォーターナビレラちゃんには、蝶のように軽やかな走りで大舞台で羽ばたいてほしいですね♪

ウォーターナビレラの血統

父:シルバーステート 父:ディープインパクト 父:サンデーサイレンス
母:ウインドインハーヘア
母:シルヴァースカヤ 父:Silver Hawk
母:Boubskaia
母:シャイニングサヤカ 父:キングヘイロー 父:ダンシングブレーヴ
母:グッバイヘイロー
母:シンセイアカリ 父:マヤノトップガン
母:ピンクノワンピース

父:シルバーステート×母:シャイニングサヤカ

ウォーターナビレラちゃんの父は、「未完の大器」と言われた”シルバーステート”さんです!

父にディープインパクトさんを持つ良血馬で、2015年~2017年まで活躍しました。

新馬戦こそ2着に敗れたものの、その後の未勝利戦と紫菊賞では圧勝。

翌年のクラシックの主役と注目を集めましたが、左前脚の屈腱炎で3歳は戦線を離脱。

4歳で復帰してからまた連勝をみせポテンシャルの高さを証明するも、再び屈腱炎のため引退を余儀なくされました。

その後は種牡馬入りを果たし、能力の高さを誇ったシルバーステートさんの血を受け継ぐため、無冠であるにも関わらず異例の人気を誇っています♪

そして母は、父にキングヘイローさんを持つ”シャイニングサヤカ”さん!

2010年~2013年まで、中央と地方の両方で競走馬として頑張りました♪

ウォーターナビレラちゃんはシャイニングサヤカさんの5番仔にあたり、父と母に産駒として初のJRA重賞制覇を捧げることが出来ました!

ウォーターナビレラの気性・性格は?

ウォーターナビレラちゃんは、どういった気性・性格の女の子なのでしょうか?

ナーバスな性格も、素直な気性の女の子!

ウォーターナビレラちゃんは、精神的にナーバスな一面もありますが素直な気性の女の子のようです!

神経質な性格ため、テンションが上がってイレ込んでしまうことも。

しかしながら、ゲート試験も北海道に入厩してすぐに受かったりと要所要所でしっかりと対応できる賢さがあり、レースセンスについては武豊騎手のお墨付きのようです♪

ウォーターナビレラこれまでのレース結果

日付 開催 天気 馬場 レース名 コース 着順
2021年8月21日 札幌 2歳新馬 芝1500右 1着
2021年10月3日 中山 サフラン賞(1勝クラス) 芝1600右 1着
2021年11月6日 阪神 KBS京都賞ファンタジーステークス(GⅢ) 芝1400右 1着

【2021年・2歳新馬戦】1馬身差以上の快勝でデビュー勝ち!

上手にスタートを決めると、ハナに立ってレースを進めたウォーターナビレラちゃん!道中は後続に半馬身ほど差をつけて逃げます!最後の直線に入ると後続の脚が鈍る中、ウォーターナビレラちゃんだけしっかり脚を伸ばし突き放しました!最後は、1馬身差以上をつけての快勝でデビュー勝ちを収めました♪

【2021年・サフラン賞(1勝クラス)】またもや快勝で2連勝!

スタートを切ると、2番手に控えてレースを進めます!前半はゆったりとしたペースで、折り合いを欠くことなく追走できている様子です!最後の直線では、少し反応が遅かったようにも見えましたが、一気に末脚を伸ばして先頭に立つと2着馬に1馬身以上の差をつけて快勝となりました♪

【2021年・ファンタジーS(GⅢ)】

上手にスタートを切ったウォーターナビレラちゃんは、2番手で折り合いをつけてレースを進めました。道中は、逃げ馬よりも少し離れての2番手を追走していきます。最終コーナーを回って直線に向くと、1番人気のナムラクレアちゃんとの追い比べ!最後は、ウォーターナビレラちゃんが根性を見せつけ1着入線となりました♪

ウォーターナビレラの脚質は?

ウォーターナビレラちゃんは、逃げ・先行での競馬が得意そうです!

スタートが上手で、二の脚も利くため先行力に長けた脚質をしています♪

これまでのレースでは、好スタートから道中はリズムよくレースを進めることが出来ており、終いの脚も堅実。

スピード持続力がウォーターナビレラちゃんの魅力と言えそうです!

ウォーターナビレラの距離適性は?

ウォーターナビレラちゃんはこれまで、芝1400m~1600mまでの距離を経験しました。

まだ3戦ですが、最後までしっかりと脚を使えていることからも1600mまでの距離には少なくとも適正がありそうです!

まだ成長段階の2歳ということで、これから距離を伸ばして対応できるのか楽しみですね♪

ウォーターナビレラまとめ

今回は、2021年の「KBSファンタジーステークス(GⅢ)」を勝利した”ウォーターナビレラ”ちゃんについてご紹介しました!

父にシルバーステートさん、母にシャイニングサヤカさんを持つ青鹿毛の女の子です!

ナイーブな一面もあるようですが、素直な気性で現在のところ折り合いも欠くことなくレースを進められているようです♪

また、スタートも上手でレースセンスも持っているというウォーターナビレラちゃん!

これからの活躍がとっても楽しみな女の子ですね♪

次走…【阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)】阪神・芝1600m(右・外)

重賞含め3連勝中のウォーターナビレラちゃんは、ついにGⅠレースへ出走予定です!昨年はソダシちゃんが制覇している、2歳の女王決定戦♪GⅠレースの雰囲気に飲み込まれることなく、いつも通りの走りを見せてほしいなと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました