アリストテレス気性や脚質・距離適性は?血統から名前の由来もまとめ

競馬

今回は、2020年の菊花賞(GⅠ)にて1着のコントレイルくんにクビ差での2着となった”アリストテレス”くんについてご紹介します。

アリストテレスくんの気性についてや脚質・距離適性、血統から名前の由来などなど調べていきたいと思います!

最後の方ではレースの振り返りもしていますので、もしよろしければご覧ください!

スポンサーリンク

アリストテレス基本プロフィール

名前 アリストテレス
性別 牡馬
生年月日 2017年4月8日
年齢 4歳
毛色 鹿毛
調教師 音無秀孝(栗東)
馬主 近藤英子
生産者 ノーザンファーム

アリストテレス名前の意味・由来

アリストテレスくんのお名前は、実在した人物であるギリシアの哲学者”アリストテレス”を由来としているようです。

哲学者の”アリストテレス”は、西洋最大の哲学者の一人とされており「万学の祖」とも呼ばれるとても有名な人物です!

お恥ずかしながら哲学については全くよく分からないのですが、多くの方が一度は耳にしたことのあるお名前ではないでしょうか。

また、哲学者の”アリストテレス”の名前の由来はギリシャ語で「aristos=最高の」と「telos=目的」とを合わせたものだと言われているそうです。

そんな偉大な人物に由来するお名前のアリストテレスくん!

名前だけでなんだかとっても賢そうに聞こえてしまいますね♪

アリストテレスの血統は?

父:エピファネイア 父:シンボリクリスエス 父:Kiris S.
母:Tee Kay
母:シーザリオ 父:スペシャルウィーク
母:キロフプリミエール
母:ブルーダイアモンド 父:ディープインパクト 父:サンデーサイレンス
母:ウインドインハーヘア
母:グレースアドマイヤ 父:トニービン
母:バレークイーン

父:エピファネイア×母:ブルーダイアモンド

アリストテレスくんの父は、2013年の菊花賞(GⅠ)や2014年のジャパンカップ(GⅠ)を制覇したお馬さんである”エピファネイア”さん。

2012年~2015年まで競走馬として走り、生涯獲得賞金が6億8千万円以上と数々のレースで活躍しました!

母の”ブルーダイアモンド”さんは、2013年~2014年まで競走馬として走り、現役時代に結果は残せなかったものの父に”ディープインパクト”さんをもつ良血馬です!

アリストテレスの性格・気性は?

アリストテレスくんはどんな気性・性格の持ち主なのか調べてみました!

やや前向きな気性

父のエピファネイアさんは前向きすぎて気性の荒さが目立ったお馬さんだったようですが、アリストテレスくんもやや前向きな気性のようです。

少し性格に難しいところもあるようで、レースではあまり早く先頭に立ってしまうと用心深い性格からか物見をして集中力を欠いてしまうこともあるのだとか。

気性面では少し課題が残るようですが、GⅠレースである菊花賞では2着、アメリカンジョッキーC(GⅡ)では1着と結果が残せているので能力が高いということは間違いないのではないでしょうか。

アリストテレスのこれまでのレース結果

日付 開催 天気 馬場 レース名 距離 着順
2019年9月28日 阪神 2歳新馬 芝1800 2着
2019年10月20日 京都 稍重 2歳未勝利 芝1600 1着
2019年12月28日 阪神 2歳1勝クラス 芝1800 2着
2020年1月26日 京都 若駒S(L) 芝2000 2着
2020年3月1日 阪神 すみれS(L) 芝2200 2着
2020年5月9日 阪神 プリンシパルS(L) 芝2000 6着
2020年8月2日 新潟 出雲崎特別(1勝クラス) 芝2000 1着
2020年9月20日 中京 小牧特別(2勝クラス) 芝2200 1着
2020年10月25日 京都 菊花賞(GⅠ) 芝3000 2着
2021年1月24日 中山 不良 アメリカンジョッキーC(GⅡ) 芝2200 1着
2021年3月21日 阪神 阪神大賞典(GⅡ) 芝3000 2着
2021年5月2日 阪神 天皇賞(春)(GⅠ) 芝3200 4着

【2歳新馬戦】デビュー戦では惜しくも2着

デビュー戦でのアリストテレスくんは、やや位置取りが悪いながらも外からじわじわと押し上げていく走りをみせてくれました。
外を走る形となりロスがあったにもか関わらず、トップスピードをながーく使って走りきり結果は惜しくも2着となりました。

【2020年菊花賞(GⅠ)】無敗のコントレイルくんに迫っての2着!

無敗のコントレイルくん(菊花賞時)をバッチリマークしながら走ったはじめてのGⅠレース菊花賞。
コントレイルくんにはクビ差で負けてしまったものの、アリストテレスくんの持ち味が光ったレースでもありました。
最後の最後まで伸びて、上がり3ハロンのタイムは1番速かったです!
ポテンシャルの高さを見せつけた1戦となりました。

【アメリカンジョッキークラブカップ(GⅡ)】不良の馬場で1着!

不良馬場でスタミナも要するレースとなったアメリカンジョッキーC。
落ち着いたペースでのレースとなり、中団位置につけての競馬を見せたアリストテレスくん。
最後の直線では馬場が悪いこともあり少ししんどそうに見えましたが、勝ち切ることが出来ました!

【天皇賞(春)(GⅠ)】少しテンション高め?結果は4着

天皇賞(春)に挑んだアリストテレスくん!
少しテンション高めかなぁと思わせる姿もみせていました。
また、最後の方でもなかなかスピードを上げてくることができずに四苦八苦。
結果は残念ながら4着でした。

アリストテレスの脚質

アリストテレスくんは中団、もしくは前めの位置からの競馬が得意なようです!

先頭に立つと物見をしてしまうということもあるようなので、逃げる競馬は苦手そうですね。

瞬発力ではやや劣るようですが、長く脚を使える持続型のようです。

騎手からの合図があってからすぐには加速できないながらも、じわじわと加速しながらトップスピードを長く使えるのがアリストテレスくんの良いところだと思います♪

道悪でも結果は残せているものの、本来は良い馬場状態のほうがアリストテレスくんにとって合っているみたいです。

アリストテレスの距離適性

アリストテレスくんは現在までで、芝の1600m~3200mの距離を走ってきました。

”3000mの菊花賞”ではコントレイルくんに迫る2着という結果を残せていますが、それ以降に行われた”3000mの阪神大賞典”や”3200mの天皇賞(春)”では良い結果を残せませんでした。

3000m以上はアリストテレスくんにとって、走れなくはないけど適性な距離とは言えないのかなと思います。

1600m~2200mの距離だとほとんどのレースで1着・2着でゴール出来ていますので、1800m~2400mほどの距離のほうがアリストテレスくんに合っているのではないでしょうか。

アリストテレスまとめ

今回は、アリストテレスくんについてご紹介しました!

菊花賞での2着、アメリカンジョッキーCの制覇以降は思う結果を出せていないアリストテレスくんですがポテンシャルを秘めていると思うので、気性面を克服してGⅠで勝利をあげてもらいたいですね!

アリストテレスくんのこれからの成長が楽しみです♪

次走…【宝塚記念(GⅠ)に出走予定】阪神・芝2200m

次走では宝塚記念に出走予定のアリストテレスくん!
距離も2200mで、前走より距離短縮となりますのでプラスに働きそうです♪
天皇賞の疲れも残っていないとの情報もありますので、ぜひ頑張ってもらいたいですね!!



コメント

タイトルとURLをコピーしました