ドーブネの気性や脚質・距離適性は?血統から名前の意味など基本情報まとめ

競馬

今回は、2021年の「ききょうステークス(OP)」を人気に応えて勝利した”ドーブネ”くんについてご紹介します!

ドーブネくんの血統や名前の意味・由来などの基本情報から、気性・性格についてもまとめていきたいと思います!

最後の方ではこれまでのレース結果に加えて、脚質や距離適性についても調べていこうと思いますので、もしよろしければご覧ください♪

スポンサーリンク

ドーブネの基本プロフィール

名前 ドーブネ
性別 牡馬
生年月日 2019年4月3日
年齢 2歳
毛色 青毛
調教師 武幸四郎 (栗東)
馬主 藤田晋
生産者 社台ファーム

ドーブネ名前の意味・由来

ドーブネくんの馬名の意味は、「どぶね(古代の舟)より」です!

ドーブネくんの名前の由来となった”どぶね”とは、”はなきり”とも呼ばれる古形の和船のことです!

馬主は、馬主デビューしたばかりの藤田晋(ふじた・すすむ)さん。

インターネット広告事業、メディア事業、ゲーム事業などを主とする会社「株式会社サイバーエージェント」の代表取締役社長です!

ゲーム事業で手掛けた「ウマ娘 プリティーダービー」が大ヒットしたこともあり、「競馬界に還元したい」という思いから馬主になることを決意したそうです!

ドーブネくんのオーナーは、2021年最も注目されている馬主さんではないでしょうか♪

ドーブネの血統

父:ディープインパクト 父:サンデーサイレンス 父:Halo
母:Wishing Well
母:ウインドインハーヘア 父:Alzao
母:Burghclere
母:プレミアステップス 父:Footstepsinthesand 父:Giant’s Causeway
母:Glatisant
母:Primissima 父:Second Set
母:Princess Taufan

父:ディープインパクト×母:プレミアステップス

ドーブネくんの父は、皆さまご存知の”ディープインパクト”さんです!

2004年~2006年まで競走馬として大活躍し”英雄”と呼ばれたレジェンドホースです。

無敗のまま中央のクラシック3冠を達成し、小柄ながらも強烈な末脚を持ち多くの競馬ファンの心を魅了した名馬中の名馬!

ディープインパクトさんの通算成績は、14戦12勝(1度だけ2着と、凱旋門賞で失格)と驚異の戦績を残しました。

2019年にこの世を去ったディープインパクトさんは種牡馬としてもトップの成績を誇り、2020年に生まれた最後のディープインパクト産駒は、2021年の1歳馬セレクトセールで3億円という値で落札されました。

これからもディープインパクトさんの血を継いだ仔たちの活躍を見守りたいですね!

そして母は、アイルランド生まれの”プレミアステップス”さん!

現役時代は、アメリカ・フランス・イギリスのレースに出走し、重賞勝ちはないもののリステッド競走で勝利をあげるなど活躍しました!

ドーブネくんはプレミアステップスさんの4番仔にあたります!

ドーブネの気性・性格は?

ドーブネくんはどういった気性・性格の男の子なのでしょうか?

気性が難しく、時には暴走も!

ドーブネくんは、前向きな気性で難しいところもあるようです!

暴れん坊な一面も見せており、デビュー戦を迎える前からヒヤヒヤしたのだとか!

しかしながら、”デビュー戦”も”ききょうS(OP)”でも比較的落ち着いて走ることができ、能力の高さを見せつけ2連勝!

実は賢い男の子なのかもしれません♪

まだ若く荒々しい性格ではあるようですが、デビュー前よりは落ち着きも出てきているようです♪

ぜひ、精神面での成長を遂げて遺憾なく能力を発揮していってほしいですね!

ドーブネこれまでのレース結果

日付 開催 天気 馬場 レース名 コース 着順
2021年9月4日 札幌 2歳新馬 芝1500右 1着
2021年10月2日 中京 ききょうステークス(OP) 芝1400左 1着

【2021年・新馬戦】2馬身差をつけて完勝!

ゆっくりとしたスタートで、後方につけてレースを進めたドーブネくん!道中は、比較的引っかかることもなく追走できている様子です♪最終コーナーでは大外から上がってきたドーブネくん!直線を向くとすぐに先頭に立つと、後続を突き放してゴールイン!2馬身差をつけた完勝でデビュー勝ちとなりました♪

【2021年・ききょうS(OP)】逃げて快勝!

まずまずのスタートから二の脚がついて、ハナを取りきったドーブネくん!道中もリズムよく逃げると、最後の直線では後続を寄せ付けず快勝♪1馬身以上つけて2連勝となりました!

ドーブネの脚質は?

ドーブネくんは、これまで逃げる競馬と後方から捲くる競馬を見せてくれました!

外から捲くったレースでも、逃げたレースでも末脚を堅実に伸ばしており、スタミナが豊富そうな印象です!

気性を考えると中団位置で揉まれるよりも、先団につけて押し切るか、後方から捲くる競馬は合っているのではないでしょうか。

ドーブネの距離適性は?

ドーブネくんはこれまで、芝1400m・1500mの距離を経験しました!

馬体としてはマイラー体型と言えそうで、デビューから2戦は気性的なことから短めの距離を選んだものと思われます。

気性面が落ち着けば、1600m~1800mほどまでの距離でも戦っていけるのではないでしょうか!

ドーブネまとめ

今回は、2021年の「ききょうステークス(OP)」を人気に応えて勝利した”ドーブネ”くんについてご紹介しました!

父にディープインパクトさん、母にプレミアステップスさんを持つ青毛の男の子です!

前向きで気性に難しいところがあり、暴走したこともあったためヒヤヒヤしつつデビューを迎えたというドーブネくん!

しかしながら、レースでは比較的落ち着いて走ることができ快勝で勝利を挙げています!

まだ、本気を出していないような(?)

なんとなく、余裕さを感じるドーブネくん。。

これからどこまで強くなっていくのか楽しみですね♪

次走…【朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)】阪神・芝1600m(右・外)

次走は、朝日杯FSに出走を予定しています!1600mの距離は初めてではありますが、1500mも余裕を持ってこなせていたようなので心配なさそうです♪ぜひ、頑張ってもらいたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました