アカイイトの気性や脚質・距離適性は?血統から名前の意味など基本情報まとめ

競馬

今回は、10番人気という低評価を覆して2021年の「エリザベス女王杯(GⅠ)」を制覇した”アカイイト”ちゃんについてご紹介します!

アカイイトちゃんの血統や名前の意味・由来などの基本情報から、気性・性格についてもまとめていきたいと思います!

最後の方ではこれまでのレース結果に加えて、脚質や距離適性についても調べていこうと思いますので、もしよろしければご覧ください♪

スポンサーリンク

アカイイトの基本プロフィール

名前 アカイイト
性別 牝馬
生年月日 2017年4月17日
年齢 4歳
毛色 青鹿毛
調教師 中竹和也 (栗東)
馬主 岡浩二
生産者 辻牧場

アカイイト名前の意味・由来

アカイイトちゃんの馬名の意味は、その名の通り「赤い糸。」です!

父”キズナ”さんの名前から連想してつけられました!

「絆」と「赤い糸」、とっても素敵なお名前ですよね♪

馬主は、大阪市城東区に本社を構える「株式会社 ランテック」の代表取締役・岡浩二(おか・こうじ)さんです。

アカイイトの血統

父:キズナ 父:ディープインパクト 父:サンデーサイレンス
母:ウインドインハーヘア
母:キャットクイル 父:Storm Cat
母:Pacific Princess
母:ウアジェト 父:シンボリクリスエス 父:Kris S.
母:Tee Kay
母:リーチトゥピース 父:Mud Route
母:Waki Betty

父:キズナ×母:ウアジェト

アカイイトちゃんの父は、2012年~2015年まで競走馬として活躍した”キズナ”さんです!

キズナさんは、父にディープインパクさんを持つ2013年のダービー馬であり、多くの重賞レースでも活躍を見せました!

また、”キズナ”という名前は2011年の東日本大震災が起きたあとに多くの方が悲しみに暮れていた中でスローガンとして掲げられた「絆~きずな~」が由来です。

キズナさんの走りは、多くの方へ勇気と希望を与え感動をも与えたことと思います!

そして母は、父にシンボリクリスエスさんを持つ”ウアジェト”さん!

オープン入りは果たせませんでしたが、2011年~2013年まで競走馬として頑張りました。

アカイイトちゃんはウアジェトさんの3番仔にあたり、父と母のどちらにとっても産駒としてJRAのG1初制覇となりました♪

アカイイトの気性・性格は?

アカイイトちゃんはどういった気性・性格の女の子なのでしょうか?

前向きな気性でムキになりやすい

アカイイトちゃんは可愛らしいお名前ではありますが、前向きな気性ムキになりやすい性格の女の子のようです!

少し気が強そうな女の子とも言えそうです。

レースでは折り合いに気をつけながら走る必要はありますが、エリザベス女王杯では外からまくっていく競馬を見せ、勝負根性があるところも見せてくれています♪

アカイイトこれまでのレース結果

日付 開催 天気 馬場 レース名 コース 着順
2019年9月7日 阪神 2歳新馬 芝1400右 4着
2019年9月28日 阪神 2歳未勝利 芝2000右 1着
2019年11月3日 東京 百日草特別(1勝クラス) 芝2000左 2着
2019年12月7日 阪神 エリカ賞(1勝クラス) 芝2000右 8着
2019年12月28日 阪神 2歳1勝クラス(500万下) 芝1800右 5着
2020年1月26日 中山 若竹賞(1勝クラス) 芝1800右 4着
2020年3月29日 中京 大寒桜賞(1勝クラス) 芝2200左 4着
2020年4月12日 阪神 忘れな草賞(L) 芝2000右 4着
2020年5月2日 京都 矢車賞(1勝クラス) 芝2200右 2着
2020年8月1日 札幌 3歳以上1勝クラス(500万下) 芝1800右 1着
2020年8月16日 札幌 藻岩山特別(2勝クラス) 芝2000右 5着
2020年9月20日 中京 関西テレビ放送賞ローズステークス(GⅡ) 芝2000左 7着
2020年12月19日 中山 3歳以上2勝クラス(1000万下) 芝2000右 5着
2021年1月24日 中京 小雨 西尾特別(2勝クラス) 芝2000左 1着
2021年2月13日 阪神 飛鳥ステークス(3勝クラス) 芝1800右 2着
2021年4月24日 阪神 京橋ステークス(3勝クラス) 芝2000右 3着
2021年5月22日 中京 シドニートロフィー(3勝クラス) 芝2000左 2着
2021年6月20日 阪神 垂水ステークス(3勝クラス) 芝1800右 1着
2021年10月16日 東京 アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(GⅡ) 芝1800左 7着
2021年11月14日 阪神 エリザベス女王杯(GⅠ) 芝2200右 1着

【2019年・2歳新馬戦】デビュー戦は上がり最速も4着!

ゲートでは少しテンションが高そうな様子を見せており、スタートは出遅れ気味で後方からのスタートとなったアカイイトちゃん!道中は、後方から3番手まであがっていきます。最後の直線に入ると、空いた内をついて末脚を伸ばしましたが、結果は4着となりました。

【2020年・関西TVローズS(GⅡ)】初の重賞は7着!

ゆっくりめにスタートし、少し前向きさを出しつつも最後方に控えたアカイイトちゃん!道中はインコースを追走。最終コーナーをロスなく周ると、最後の直線で脚を伸ばします!一時は先頭から3番手まで追い上げるも、結果は7着となりました。

【2021年・エリザベス女王杯(GⅠ)】2馬身差の快勝!初G1制覇♪

ゆっくりとスタートしたアカイイトちゃん!13番手につけてレースを進めました。道中は、外めで運ぶと最終コーナーを外から捲くっていきました!最後の直線を向くと、末脚を伸ばし後続を突き放してゴールイン!2馬身差をつける完勝で女王の座を手にしました!

アカイイトの脚質は?

アカイイトちゃんは、後方からの追い込み・捲る競馬が得意そうです!

スタートが得意ではないため、必然的に後ろからとなるケースも多め。

パワーある末脚に加え、長く良い脚を使えるところがアカイイトちゃんの魅力と言えるのではないでしょうか。

上がりタイムは殆どのレースで最速を誇り、3番以内になれなかったのはたったの1度だけという堅実な末脚です。

また、不良馬場のレースでも最速の末脚を繰り出しており、道悪も苦にしないタイプと言えそうです!

アカイイトの距離適性は?

アカイイトちゃんはこれまで、芝1400m~2200mまでの距離を経験してきました!

1800m、2000m、2200mと勝利をあげており、中距離が得意そうです。

スタートは出遅れ気味となることが多いので、末脚は堅実ながらも最後差しきれないケースが多いように感じます。

現状では2000m前後が適正と思えますが、2200m戦のエリザベス女王杯では圧巻のパフォーマンスを見せてくれました。

早めに仕掛けて行くも脚色が衰えることなく走りきっていることから、もう少し距離が伸びても対応できるのではないでしょうか。

アカイイトまとめ

今回は、10番人気という低評価を覆して2021年の「エリザベス女王杯(GⅠ)」を制覇した”アカイイト”ちゃんについてご紹介しました!

父にキズナさん、母にウアジェトさんを持つ青鹿毛の女の子です!

可愛らしいお顔とお名前ですが、ムキになりやすいところがあり、気の強いところがありそうです!

末脚は堅実で、長く良い脚を使えるところがアカイイトちゃんの魅力です♪

少し大人の女性となって、これからのレースもぜひ頑張ってもらいたいと思います!

次走…【有馬記念(GⅠ)に出走予定】中山・2500m(右)

ファン投票で7位!次走は有馬記念に出走を予定しています!2500mの距離は初めてとなりますが、中竹調教師は「距離は大丈夫だと思う」というコメントも!エリザベス女王杯に引き続き、幸ジョッキーとコンビを組みます♪幸ジョッキーも有馬記念は初!ぜひ頑張ってもらいたいですね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました