ヨカヨカの血統や脚質・距離適性は?性格や名前の意味・由来も

競馬

今回は、熊本県生まれの競走馬である”ヨカヨカ”ちゃんについてご紹介します!

JRAで活躍するお馬さんの殆どは北海道生まれの仔が多い中、九州の期待の星として注目されているヨカヨカちゃん!

そんなヨカヨカちゃんの血統や脚質・距離適性、性格から名前の意味まで調べていきたいと思います♪

最後の方にはこれまでのレースの振り返りもしていますので、もしよろしければご覧ください!

スポンサーリンク

ヨカヨカの基本プロフィール

名前 ヨカヨカ
性別 牝馬
生年月日 2018年5月13日
年齢 3歳
毛色 黒鹿毛
調教師 谷潔(栗東)
馬主 岡浩二
生産者 本田土寿

ヨカヨカ名前の意味・由来は?

ヨカヨカちゃんの馬名は、九州地方の方言で「いいよ、いいよ」といった意味があります!

九州地方の方言って、なんかいいですよねぇ♪

女子が言うと可愛くて、男子が言うとなんかカッコいい!!

「よかよか」もとっても愛情がこもっている感じがして好きです!

きっと、ヨカヨカちゃんもみんなに愛されてすくすく育ったんでしょうね♪

とっても素敵なお名前だと思います!!

ヨカヨカの血統

父:スクワートルスクワート 父:Marquetry 父:Conquistador Cielo
母:Regent‘s Walk
母:Lost the Code 父:Lost Code
母:Smarter By Day
母:ハニーダンサー 父:Danehill Dancer 父:デインヒル
母:Mira Adonde
母:ハニーバン 父:Unfuwain
母:Cocotte

父:スクワートルスクワート×母:ハニーダンサー

ヨカヨカちゃんの父は、アメリカの競走馬”スクワートルスクワート”さんです!

2000年~2002年まで競走馬として活躍し、2001年には「キングズビショップS(GⅠ)」・「BCスプリント(GⅠ)」と2つのGⅠレースで勝ち星を挙げました!

同年には、エクリプス賞チャンピオンスプリンターを受賞したお馬さんです!

ちなみに、名前の由来はポケットモンスターの「ゼニガメ」の英語名である「スクワートル」から取ったものだそうです♪

そして母は、2006年~2007年まで競走馬として走った”ハニーダンサー”さん。

12戦し勝利は挙げられなかったものの、主に芝の短距離のレースで活躍したお馬さんです!

ヨカヨカの気性・性格は?

ヨカヨカちゃんはどんな気性・性格の女の子なのでしょうか?

勝ち気な性格

ヨカヨカちゃんは、母のハニーダンサーさんに似て勝ち気な性格の女の子のようです!

レースでもいつも強気の姿勢で勝負根性を見せてくれていますね♪

2歳時は気性が前向きでかかり気味になる面もあったようですが、今では我慢が利くようになり成長をみせているのだとか♪

大人の女性になったヨカヨカちゃんのこれからにますます期待ですね!!

ヨカヨカのこれまでのレース結果

日付 開催 天気 馬場 レース名 距離 着順
2020年6月13日 阪神 2歳新馬 芝1200右 1着
2020年8月15日 小倉 フェニックス賞(OP) 芝1200右 1着
2020年8月29日 小倉 ひまわり賞(OP) 芝1200右 1着
2020年11月7日 阪神 KBSファンタジーS(GⅢ) 芝1400右 5着
2020年12月13日 阪神 阪神ジュベナイルF(GⅠ) 芝1600右 5着
2021年3月14日 阪神 フィリーズレビュー(GⅡ) 芝1400右 2着
2021年4月11日 阪神 桜花賞(GⅠ) 芝1600右 17着
2021年5月29日 中京 葵S(G) 芝1200左 2着
2021年7月4日 小倉 CBC賞(GⅢ) 芝1200右 5着

【2歳新馬戦】2番人気で挑んだデビュー戦で1着!

デビュー戦でのヨカヨカちゃんは、4番手でレースを進めていきます。
最後の直線に差し掛かると、外からスピードをあげていってモントライゼくんとの一騎打ち!!
どちらも譲らぬ勢いでゴール!
結果はヨカヨカちゃんがアタマ差でモントライゼくんを制しての1着!
勝負根性をみせてくれた1戦でした♪

【ひまわり賞(OP)】九州産馬の頂点に君臨!圧勝!!

九州産馬限定戦のひまわり賞!
ヨカヨカちゃんは、先頭に立って馬群を引っ張っていく逃げでレースを進めます。
馬なりで走り抜けていくヨカヨカちゃん!
最後の直線では鞭入れもなしで2着に3馬身以上の差をつけて圧勝となりました!

【阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)】初のGⅠレースでは5着

初のGⅠの舞台は阪神ジュベナイルフィリーズ。
純白の女王ソダシちゃんや、サトノレイナスちゃん、ユーバーレーベンちゃんなどなど錚々たる顔ぶれ。
そんな強豪たちにも強気の姿勢で先頭にたって逃げるヨカヨカちゃん!
最後の最後まで粘っての5着!
馬券内とまでは行かなかったものの10番人気ながらも5着という結果を残し、熊本産馬の意地を見せつけてくれた1戦でした。

【CBC賞(GⅢ)】1番人気ながらも結果は5着

CBC賞でのヨカヨカちゃんは、スタートもまずまずで5番手でレースを進めました。
1着で日本レコードを塗り替えたファストフォースくんが逃げての超高速馬場となったこのレース。
ヨカヨカちゃんは最後の直線で伸びることができずに5着という結果となりました。
しかしながら、3歳のヨカヨカちゃんがお兄ちゃんお姉ちゃんたちばかりのレースに混ざっての5着!
これからに期待が持てる1戦でした♪

ヨカヨカの脚質は?

ヨカヨカちゃんは、逃げもしくは先行しての競馬が得意なようです!

2020年の”フェニックス賞”や九州産馬の頂点を決める”ひまわり賞”では、逃げきっての1着という成績を残しています!

勝ち気な性格もあってか、前を走るほうが性に合っているのではないでしょうか♪

むしろ自分の前を走られるのが気に入らないのかもしれません(笑)

ヨカヨカの距離適性は?

ヨカヨカちゃんは、現在まで芝の1200m~1600mの距離を走ってきました!

1200mでは新馬戦とオープン競争で1着となっていることもあり、やはり短距離に向いているのではないでしょうか?

また、重賞のレースでは1400mでも好走をみせていることもあり距離としては1200m~1400mがベストとも思えます。

血統的にも、父母ともに短距離で活躍したこともありヨカヨカちゃんも短距離が得意と言えそうです♪

ヨカヨカまとめ

今回は、九州の期待の星☆ヨカヨカちゃんについてご紹介しました!

可愛らしいお顔立ちでも、性格はとっても勝ち気な女の子のようです♪

今のところ重賞レースでは勝ち星を挙げることができていませんが、熊本県生まれのお馬さんとして初のJRA重賞制覇を目指してこれからも頑張って欲しいと思います!!

次走…【北九州記念(GⅢ)に出走予定】小倉・芝1200m右

CBC賞で5着となったヨカヨカちゃんは、放牧を挟んで8月22日に行われる”北九州記念”への出走を表明したようです♪
とにかく今はしっかり疲れを癒やしてもらって、来る8月22日の北九州記念に向けて頑張ってもらいたいですね♪


コメント

タイトルとURLをコピーしました