レイパパレ名前の意味や由来は?血統や脚質・距離適性から気性についてもまとめ

競馬

今回は、2021年の「大阪杯(GⅠ)」を無敗のまま勝利したレイパパレ”ちゃんについてご紹介します!

レイパパレちゃんの名前の意味・由来についてや、血統、脚質・距離適性から気性などについても調べていきたいと思います!

最後にはレースの振り返りもしていますので、もしよろしければご覧ください♪

スポンサーリンク

レイパパレの基本プロフィール

名前 レイパパレ
性別 牝馬
生年月日 2017年1月28日
年齢 4歳
毛色 鹿毛
調教師 高野友和(栗東)
馬主 キャロットファーム
生産者 ノーザンファーム

レイパパレ名前の意味・由来は?

レイパパレちゃんの名前は、「レイ=ハワイで用いられる頭・首などにかける装飾品のこと」で「パパレ=ハワイ語で”帽子”のこと」を意味しているようです。

繋げて読むと「レイパパレ=帽子につけるレイ」という意味のようです!

もう少し詳しくお話すると、”レイ”とはフラダンスでお馴染みのお花などを輪っかにして頭に乗せたり首飾りにしているあれです!

こういうの↓

またレイパパレちゃんのお名前の由来は、母の”シェルズレイ”さんから連想してつけられたんだとか♪

お花で作られた”レイ”が馴染み深いですが、実際には”貝殻”や”シダ植物”、”果実”、”サメの歯”などを輪っかにした装飾品も”レイ”と呼ぶそうです!

レイパパレちゃんは「帽子のレイ」に対し、母は「貝殻のレイ」を意味したお名前です!

母娘そろって、ハワイを感じさせるお名前とは素敵でなおかつ可愛らしいですね♪

レイパパレの血統は?

父:ディープインパクト 父:サンデーサイレンス 父:Halo
母:Wishing Well
母:ウインドインハーヘア 父:Alzao
母:Burghclere
母:シェルズレイ 父:クロフネ 父:フレンチデピュティ
母:ブルーアヴェニュー
母:オイスターチケット 父:ウイニングチケット
母:ナムラビアリス

父:ディープインパクト×母:シェルズレイ

レイパパレちゃんの父は、2004年~2006年まで競走馬として大活躍し”英雄”と呼ばれたレジェンドホース、”ディープインパクト”さんです!

無敗のまま中央のクラシック3冠を達成し、小柄ながらも強烈な末脚を持ち多くの競馬ファンの心を魅了した名馬中の名馬!

おそらく、競馬を知らない方でも一度は耳にしたことのある名前のはずです!

ディープインパクトさんの通算成績は、14戦12勝(1度だけ2着と、凱旋門賞で失格)と驚異の戦績。

今でも、歴代最強馬といえば「ディープインパクト」と答える方が多いのではないでしょうか。

そしてレイパパレちゃんの母は、父にクロフネさんをもつ”シェルズレイ”さん。

重賞レースでは勝ちきれなかったものの2005年~2008年まで競走馬として活躍し、その後は繁殖に入りました。

シェルズレイさんの仔たちは、レイパパレちゃんの全兄である”シャイニングレイ”さん(2018年引退)が重賞勝ち馬ですし、レイパパレちゃんは今ではGⅠ馬!

優秀な仔たちを競馬界に送り出してくれいているお母さんです♪

レイパパレの気性・性格は?

現在、無敗街道爆進中のレイパパレちゃんですが気性や性格の面ではどういった女の子なのでしょうか?

やや気性難で危うさも

レイパパレちゃんは、人に触られるのが少し苦手ではあるものの普段は大人しい可愛い女の子のようです♪

しかしながら、レースとなるとカッとなりやすい気性で危うい部分もあるのだとか。

実は、お兄ちゃんやお母さんも能力は高かったものの気性難の持ち主だったといいます。

調教師の高野友和さんは、母のシェルズレイさん、兄のシャイニングレイさんのお世話もしてきた方で、レイパパレちゃんは「兄に比べたら断然手がかからない子」とはおしゃってはいるものの、レイパパレちゃんの精神面に対してもとても気配りしているようです。

一族で燃えやすい性格のようなので仕方がない部分はありますですが、もう少しリラックスして走ることができれば、これまで以上にレイパパレちゃんの能力が花咲きそうですね♪

ちなみに、気性難と言われたお兄ちゃんのシャイニングレイさんは、今では乗馬で頑張っているようなのでレースを離れて一息入れて気性的に落ち着いたようです!

(もちろん、乗馬のお馬さんにするためにお世話した方々の苦労の甲斐あってだと思いますが)

レイパパレちゃんも落ち着いた女性を目指して、これからのレースも頑張ってもらいたいと思います!

レイパパレのこれまでのレース結果

日付 開催 天気 馬場 レース名 距離 着順
2020年1月11日 京都 3歳新馬 芝1600 1着
2020年6月6日 阪神 3歳以上1勝クラス 芝1600 1着
2020年7月26日 新潟 糸魚川特別(2勝クラス) 芝1800 1着
2020年10月18日 京都 稍重 大原S(3勝クラス) 芝1800 1着
2020年12月5日 阪神 チャレンジカップ(GⅢ) 芝2000 1着
2021年4月4日 阪神 大阪杯(GⅠ) 芝2000 1着

【3歳新馬戦】デビュー戦2馬身差で快勝!

小柄な馬体だったこともあり3歳でのデビューとなったレイパパレちゃん!
デビュー戦では、スムーズに先行につけての競馬をみせました。
最終コーナーを回ると、じわじわと脚を伸ばして後続のお馬さんを引き離し2馬身差をつけての快勝となりました!

【チャレンジカップ(GⅢ)】初の重賞、はじめての2000m戦でも1着!

はじめての重量レースとなったチャレンジカップ。
ここでも、安定の先行力をみせたレイパパレちゃん!
スタート直後は少し力んで走る場面もみせましたが、すぐに折り合うことが出来ていそうでした。
鞭入れにもしっかり反応し脚を伸ばし、最終的には1馬身半差での1着!!
距離延長もなんのそのといった感じで能力をみせつけた1戦でした。

【大阪杯(GⅠ)】ニューヒロイン誕生!無敗のままGⅠ制覇!!

グランアレグリアちゃん、コントレイルくん、サリオスくんなど錚々たるメンバーが揃った大阪杯。
レイパパレちゃんは、初のGⅠレース!
重馬場であったにもかかわらず、レイパパレちゃんは強気の姿勢で逃げる競馬をみせました!!

レースが終わってみると、2着のモズベッロくんに4馬身差をつけての圧勝!!
底知れぬ強さをみせつけ無敗のままGⅠ制覇。まさしくニューヒロインの誕生となりました。

レイパパレの脚質は?

レイパパレちゃんはこれまでの5戦を見る限りでは、殆どが逃げもしくは先行での競馬をみせています!

2戦目のときだけ少々スタートで出遅れがあり中団からの競馬になってしまったときには、末脚を活かし差す競馬もみせてくれました!

実際、これまでのすべてのレースで上がりタイムが3番目以内に入る末脚も持ち合わせています!

しかしながら、気性面的にも前に行きたがるタイプのようなので逃げもしくは先行のほうがレイパパレちゃん的には好きなのかもしれませんね!

レイパパレの距離適性は?

今までのレースでは、芝のコース1600m~2000mまでの距離を走っています。

正直、すべて完勝と言っていいほどのパフォーマンスをみせてきたレイパパレちゃん!

少なくとも、1600mのマイル戦~2000mまでは適正距離と言っていいのではないでしょうか。

先行力とトップスピードを長く使うことができることもレイパパレちゃんの特徴だと思いますが、大阪杯(GⅠ)でのスタミナがいるであろう重馬場の2000mの距離を走り抜けた姿を見ると、もう少し長い距離でも行けるのでは?と勝手に思い込んでます!

血統的には牝馬であることも踏まえると1800m前後までが適性ではと言われているようですが、2000m以上の距離でも期待できるのではないでしょうか♪

レイパパレまとめ

今回は、レイパパレちゃんについてご紹介しました!

420kgちょっとの小柄な馬体ながら、重馬場も走りきれるスタミナ、そして強気の走りが魅力のレイパパレちゃん♪

現在、無敗街道を爆進中のとっても強い女の子ですね!!

父のディープインパクトさんのように無敗のままクラシック3冠も夢ではないかも…?!

ぜひ、これからのレースでもその能力を遺憾なく発揮していってほしいと思います♪

次走…【宝塚記念(GⅠ)に出走予定】阪神・芝2200m(右)

次走は、ファン投票で4位となった宝塚記念に出走予定です!
無敗のまま制覇なるか注目のレースですね!
今までより200mの距離延長となりますが、レイパパレちゃんらしく強気に走ってくれることを期待しています♪


コメント

タイトルとURLをコピーしました