オニャンコポンの気性や脚質・距離適性は?血統から名前の意味など基本情報まとめ

競馬

今回は、2021年にデビューして順調に2連勝をあげていて、一度聞いたら忘れられない愛らしいお名前の”オニャンコポン”くんについてご紹介します!

の血統や名前の意味・由来などの基本情報から、気性・性格についてもまとめていきたいと思います!

最後の方ではこれまでのレース結果に加えて、脚質や距離適性についても調べていこうと思いますので、もしよろしければご覧ください♪

スポンサーリンク

オニャンコポンの基本プロフィール

名前 オニャンコポン
性別 牡馬
生年月日 2019年2月11日
年齢 2歳
毛色 鹿毛
調教師 小島茂之 (美浦)
馬主 田原邦男
生産者 社台ファーム

オニャンコポン名前の意味・由来

オニャンコポンくんの馬名の意味は、「偉大な者(アカン語)」です!

まさかそんな意味だったなんて…驚きです!!

アカン語は、主にガーナやコートジボワール東部に住む同族民族によって話されている言語なんだとか!

また、「オニャンコポン」は西アフリカ・ガーナのアシャンティ人に伝わる”天空神”、いわゆる神様を表す言語でもあるそうです!

そんなこと知らなかった私の頭の中は、”にゃんこ(猫ちゃん)がポンっと飛び出す想像”しか出来ませんでしたが…苦笑

馬主は、日本の実業家であり株のディーラー・トレーダーを生業とする、田原邦男(たはら・くにお)さんです。

オニャンコポンの血統

父:エイシンフラッシュ 父:キングズベスト 父:Halo
母:Wishing Well
母:ムーンレディ 父:Alzao
母:Burghclere
母:シャリオドール 父:ヴィクトワールピサ 父:ネオユニヴァース
母:ホワイトウォーターアフェア
母:サプレザ 父:Sahm
母:Sorpresa

父:エイシンフラッシュ×母:シャリオドール

オニャンコポンくんの父は、2010年のダービー馬”エイシンフラッシュ”さんです!

父にイギリスの2000ギニー馬である”King’s Best(キングズベスト)”さんを持つ良血。

2009年~2013年まで競走馬として前線で活躍し続けました!

2010年のダービーは”史上最高レベルのメンバー”と称されたレースで、上がり最速で差し切って見事勝利を勝ち取りました!

2012年には「天皇賞(秋)(GⅠ)」も制覇しています!

そして母は、”ヴィクトワールピサ”さんを父に持つ”シャリオドール”さんです!

2015年~2016年まで競走馬として走り、未勝利ではありましたが芝・ダートのどちらも経験しました。

オニャンコポンくんはシャリオドールさんの2番仔にあたります!

オニャンコポンの気性・性格は?

オニャンコポンくんはどういった気性・性格の男の子なのでしょうか?

大人しくてセンスある男の子!

オニャンコポンくんは、血統背景から気性に難しいところがあるのではと思われていたそうですが、実際は大人しくあまり手がかからないタイプの男の子ようです!

レースを重ねていくうちに気性に難しさがでる仔もいるので油断はできないとのことですが、今現在のところたまにうるさいことがあるものの、気性が良い男の子みたいですね♪

また、スタートからサッと好位につくことができるセンスの良さと前向きさがあるところもオニャンコポンくんの魅力なんだとか!

これからの成長がとっても楽しみですね♪

オニャンコポンこれまでのレース結果

日付 開催 天気 馬場 レース名 コース 着順
2021年9月11日 中山 2歳新馬 芝2000右 1着
2021年11月7日 東京 百日草特別(1勝クラス) 芝2000左 1着
2021年12月28日 中山 ホープフルステークス(GⅠ) 芝2000右 11着

【2021年・2歳新馬戦】6番人気ながら快勝!

デビュー戦でのオニャンコポンくんは、ゲートを出ると二の脚がついて2番手に控えてレースを進めました!道中も落ち着いてレースを進められている様子です!最終コーナーを回り直線を向くとすぐ先頭に立ち押し切ってゴールイン!1馬身差以上つけての快勝でした♪

【2021年・百日草特別(1勝クラス)】無傷の2連勝!

しっかりとスタートを切ると、外めの2番手につけてレースを進めたオニャンコポンくん!道中、リズムよく追走。最後の直線で抜け出すと脚色衰えることなくゴールイン!2着馬の猛追をクビ差しのいで2連勝目をあげました♪

オニャンコポンの脚質は?

オニャンコポンくんは、先行でレースを進めるのが得意そうです!

スタートが上手で、先行力に長けた脚質ではないでしょうか。

また、スピード持続力があり、リズムよくレースを進めて最後には末脚も伸ばせます!

オニャンコポンの距離適性は?

オニャンコポンくんはこれまで、芝2000mの距離を経験しました!

これまでのレースではゆったりとした流れからの直線勝負といった形でしたが、2000mの距離への適正は高そうです。

エイシンフラッシュ産駒の牡馬の特徴としては、芝1800mあたりの距離を得意とする仔が多いようなので、オニャンコポンくんも2000m前後で活躍していってくれるかもしれません!

オニャンコポンまとめ

今回は、2021年にデビューして順調に2連勝をあげていて、一度聞いたら忘れられない愛らしいお名前の”オニャンコポン”くんについてご紹介しました!

父にエイシンフラッシュさん、母にシャリオドールさんを持つ鹿毛の男の子です!

血統背景から気性を心配されていたようですが、実際は大人しくあまり手のかからない男の子だというオニャンコポンくん!

まだまだ成長段階ということで未知数ですが、将来有望であることは確かです♪

エイシンフラッシュ産駒ではまだ重賞・G1を勝てた仔がいないようなので、ぜひオニャンコポンくんにも頑張ってもらいたいと思います♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました