ダノンスマッシュの気性や脚質・距離適性は?血統から名前の意味など基本情報まとめ

競馬

今回は、2020年の「香港スプリント(GⅠ)」、2021年の「高松宮記念(GⅠ)」を制覇した”ダノンスマッシュ”くんについてご紹介します!

ダノンスマッシュくんの血統や名前の意味・由来などに基本情報から、気性・性格についてもまとめていきたいと思います!

最後の方ではこれまでのレース結果に加えて、脚質や距離適性についても調べて行こうと思いますのでもしよろしければご覧ください♪

スポンサーリンク

ダノンスマッシュの基本プロフィール

名前 ダノンスマッシュ
性別 牡馬
生年月日 2015年3月6日
年齢 6歳
毛色 鹿毛
調教師 安田隆行(栗東)
馬主 ダノックス
生産者 ケイアイファーム

ダノンスマッシュ名前の意味・由来

ダノンスマッシュくんの馬名の意味は、「ダノン=冠名」+「スマッシュ=打ち砕く」です!

”ダノン”は馬主である株式会社ダノックスの冠名で、実業家である野田順弘(のだ・まさひろ)さんが代表を務めています。

また、「相手を打ち砕く強烈な走りを期待して」付けられたお名前だそうです♪

ダノンスマッシュの血統

父:ロードカナロア 父:キングカメハメハ 父:Kingmambo
母:マンファス
母:レディブラッサム 父:Storm Cat
母:ダサラトガデュー
母:スピニングワイルドキャット 父:ハードスパン 父:Danzig
母:Turkish Tryst
母:Hollywood Wildcat 父:Kris S.
母:Miss Wildcatter

父:ロードカナロア×母:スピニングワイルドキャット

ダノンスマッシュくんの父は、”龍王”と呼ばれた”ロードカナロア”さんです!

2010年~2013年まで競走馬として大活躍し、スプリントレースにおいて無類の強さを誇った名馬です!

それまで日本馬がことごとく惨敗を期してきた「香港スプリント(GⅠ)」では、2012年・2013年と圧勝で2連覇を成し遂げ、まさしく”龍王”の名に恥じない強さで”世界のロードカナロア”と称されました。

そして母は、アメリカ生まれの競走馬”スピニングワイルドキャット”さんです!

自身は6戦1勝と戦績が奮わなかったものの、父に「キングスビショップS(GⅠ)」の勝ち馬”ハードスパン”さん、母にGⅠレースで3勝を挙げ「エクリプス賞最優秀3歳牝馬」に選出もされた”ハリウッドワイルドキャット”さんを持つ良血馬です!

ダノンスマッシュくんは、スピニングワイルドキャットさんの2番仔で初の重賞&初のGⅠ制覇を捧げました♪

ダノンスマッシュの気性・性格は?

ダノンスマッシュくんはどういった気性・性格の男の子なのでしょうか?

気性は前向き、性格は素直!

ダノンスマッシュくんは、スプリンターで活躍しているということもあり前向きな気性の男の子のようです!

しかしながら、性格はいたって素直で物覚えもよく学習能力が高いのだとか♪

普段は無駄なことはしない賢い男の子ですが、父のロードカナロアさんに似てレースではしっかり気持ちを入れることができ、オンオフの切り替えも上手そうです!

ダノンスマッシュこれまでのレース結果

日付 開催 天気 馬場 レース名 距離 着順
2017年9月2日 新潟 2歳新馬 芝1400左 2着
2017年9月24日 阪神 2歳未勝利 芝1400右 1着
2017年10月15日 京都 もみじS(OP) 芝1400右 1着
2017年12月17日 阪神 朝日フューチュリティS(GⅠ) 芝1600右 5着
2018年3月17日 中京 ファルコンS(GⅢ) 芝1400左 7着
2018年4月14日 阪神 アーリントンC(GⅢ) 芝1600右 5着
2018年5月6日 東京 NHKマイルC(GⅠ) 芝1600左 7着
2018年7月21日 函館 函館日刊スポーツ杯(1600万下) 芝1200右 1着
2018年8月26日 札幌 キーンランドC(GⅢ) 芝1200右 2着
2018年11月25日 京都 京坂杯(GⅢ) 芝1200右 1着
2019年1月27日 京都 シルクロードS(GⅢ) 芝1200右 1着
2019年3月24日 中京 高松宮記念(GⅠ) 芝1200左 4着
2019年6月16日 函館 小雨 函館スプリントS(GⅢ) 芝1200右
2019年8月25日 札幌 キーンランドC(GⅢ) 芝1200右 1着
2019年9月29日 中山 スプリンターズS(GⅠ) 芝1200右 3着
2019年12月8日 シャティン   香港スプリント(GⅠ) 芝1200右 8着
2020年3月7日 中山 オーシャンS(GⅢ) 芝1200右 1着
2020年3月29日 中京 高松宮記念(GⅠ) 芝1200左 10着
2020年5月16日 東京 京王杯スプリングC(GⅡ) 芝1400左 1着
2020年6月7日 東京 安田記念(GⅠ) 芝1600左 8着
2020年9月13日 中京 セントウルS(GⅡ) 芝1200左 1着
2020年10月4日 中山 スプリンターズS(GⅠ) 芝1200右 2着
2020年12月13日 シャティン   香港スプリント(GⅠ) 芝1200右 1着
2021年3月28日 中京 高松宮記念(GⅠ) 芝1200左 1着
2021年4月25日 シャティン   チェアマンズスプリント(GⅠ) 芝1200右 6着

 

【2017年・2歳新馬戦】アタマ差で惜しくも2着のデビュー戦

デビュー戦では、勢いよくスタートを切って2番手につけたダノンスマッシュくん!
道中も持続したスピードで早めに先頭に立つと、最後の直線でも力強く脚を伸ばしました!
ゴール手前で、ランスマンくんとほぼ並んでゴール!
結果は惜しくも2着となりました。

【2020年・スプリンターズS(GⅠ)】力出し切るも結果は2着

ゲートの中では少し我慢が利かなかったというダノンスマッシュくん。
スタートではほんの少しの出遅れがありましたが、すぐにスピードに乗って4番手あたりでレースを進めました!
最終コーナーを回り直線を向いてからもスピードそのままにゴールを目指します!
しかしながら、鬼脚グランアレグリアちゃんに屈して結果は2着となりました。

【2020年・香港スプリント(GⅠ)】親子制覇達成!

香港スプリントでのダノンスマッシュくんは、スタートをしっかり決めると中団で流れに乗りレースを進めました!
先頭から4馬身ほど離れた位置で最後の直線に入ると、脚を伸ばしゴールまで200mというところで先頭に立ちました!!
そのままの勢いで、後続のお馬さんも振り切ってのゴールイン♪
父ロードカナロアさんに続き、日本調教馬として2頭目の制覇を成し遂げました!

【2021年・高松宮記念(GⅠ)】レシステンシアちゃんとの叩き合い制す!

中団の位置で競馬を進めたダノンスマッシュくん!
最後の直線に入ると、道が開き一気に脚を伸ばします!!
レシステンシアちゃんとの長い競り合いを制し、見事このレースを制しました♪

ダノンスマッシュの脚質は?

ダノンスマッシュくんは、逃げ・先行・差しと自在性のある脚質をしているようです!

スプリンターらし瞬発力に加えて持続したスピード持ち味ではないでしょうか。

スタートは速いので基本的にはあまり後ろになると言ったことはありませんが、気持ちが入りすぎてゲートの中での我慢は少し苦手な模様。

また、2021年の高松宮記念では重馬場のコンディションで制したこともあり、道悪も決して下手というわけではなさそうです。

ダノンスマッシュの距離適性は?

ダノンスマッシュくんはこれまで、芝1200m~1600mの距離を経験してきました!

1200mを最も得意としており、1400mまでは適正距離と言っていいのではないでしょうか。

ロードカナロアさんの血をしっかりと受け継いだ生粋のスプリンターですね♪

ダノンスマッシュまとめ

今回は、2020年の「香港スプリント(GⅠ)」、2021年の「高松宮記念(GⅠ)」を制覇した”ダノンスマッシュ”くんについてご紹介しました!

父にロードカナロアさん、母にスピニングワイルドキャットさんを持つ鹿毛の男の子です!

5歳となった2020年に父も制覇した「香港スプリント(GⅠ)」で見事勝利し、親子でこのレースの覇者となりました!

6歳となり「高松宮記念(GⅠ)」も制覇とこれまで以上の成長を見せてくれているダノンスマッシュくん!

お名前の通り「相手を打ち砕く強烈な走り」にこれからも期待ですね♪

次走…【スプリンターズS(GⅠ)に出走予定】中山・芝1200m(右・外)

次走は、10月3日のスプリンターズステークスに出走予定です!
2019年は3着、2020年は2着と惜しくも勝利を挙げられていないこのレース。
2021年はぜひ制覇してもらいたいと思います!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました