ソダシの気性や血統・距離適性とスタミナは?名前の意味や妹についても

競馬

白毛馬で初のG1制覇を果たし、これまで5戦5勝と無敗の記録をもつ大人気のソダシちゃんについてご紹介します!

ソダシちゃんの純白の馬体は群を抜いて美しく、誰もが魅了されているのではないでしょうか?

今回は、そんなソダシちゃんの気性や血統について、名前の意味や妹についてもまとめていきたいと思います!

また、これまでのレースの振り返りや距離適性などについても書いていますのでもしよければ読んでみてくださいね♪

スポンサーリンク

ソダシの基本プロフィール

名前 ソダシ
性別 牝馬
生年月日 2018年3月8日
年齢 3歳
毛色 白毛
調教師 須貝尚介(栗東)
馬主 金子真人ホールディングス
生産者 ノーザンファーム

ソダシの名前の意味と二つ名

ソダシちゃんの名前の意味は、サンスクリット語で『純白、輝き』を意味します。

真っ白なソダシちゃんにピッタリの素敵な名前ですよね!

ちなみにサンスクリット語とは、かつてインドや南アジア・東南アジアで使われていた古代語なんだそうです。

現在では生活で使う方は少ないようですが、仏教・ヒンズー教・シーク教・ジャイナ教の礼拝用言語でもあることから、現代インドの公用語のうちの1つとなっているのだとか。

『ソダシ』という言葉もなんだかありがたいお言葉のように感じます。

強くて人気のあるお馬さんには二つ名が存在しますが、ソダシちゃんは『純白のヒロイン』や最近では『純白の女王』とも呼ばれているようです!

また、無敗であることから『穢れなき純白の女王』などとも呼ばれたりしていますね。

毎回その名にふさわしいレースぶりを見せつけてくれています!

ソダシの血統は?

次々と快挙を成し遂げているソダシちゃん!

お次はソダシちゃんの血統を見て行こうと思います。

父:クロフネ(芦毛) 父:フレンチデピュティ 父:Deputy Minister
母:Mitterand
母:ブルーアヴェニュー 父:Classic Go Go
母:Eiza Blue
母:ブチコ(白毛) 父:キングカメハメハ 父:Kingmambo
母:マンファス
母:シラユキヒメ 父:サンデーサイレンス
母:ウェイブウインド

父:クロフネ×母:ブチコ

ソダシちゃんの父は、”白い怪物”や”芦毛の怪物”と呼ばれ人気を博した「クロフネ」さん。

クロフネさんの生涯獲得賞金額は、3億7千万円以上!

芝でもダートでも重賞を制覇した二刀流としても知られるお馬さんです。

母は、白毛にまだらなブチ模様というダルメシアンのような珍しい毛色の「ブチコ」さん。(ブチコさんの登録上の毛色は白毛)

ブチコさんはこの珍しい毛色とオープンクラスの強さもあることからファンという方も多かったかと思います。

また少々(?)暴れん坊で気性難としても知られており、スタート直前にゲートをくぐってしまったり、ラチ(コースの柵)に激突して流血事件を起こすなど話題の耐えないお馬さんでもありました。(本当に骨折とかしなくてよかったよ…。)

もちろんこの場合レースから除外とされてしまうわけですが、ブチコさんが除外ともなれば返還金が9億円を超えることもあるほどのアイドルホースでした。

父も母も強くアイドル的なお馬さんであったそんな二頭から生まれたのが、まっしろ白馬のソダシちゃんだったわけです!

白毛馬はとっても貴重!

JRAに登録されている競走馬が8000頭以上いる中で、中央で活躍する現役の白毛のお馬さんはわずか5頭。

ソダシちゃんの祖母である「シラユキヒメ」さんも真っ白な白毛の馬体で、この家系は“白毛一族”とも呼ばれておりとても貴重な血統です。

ちなみに、シラユキヒメさんは父が青鹿毛、母が鹿毛のお馬さんなので“突然変異”の白毛馬でこの確率は非常に低く、1万頭~2万頭に1頭ほどの確率と言われています。

“白毛”と”芦毛”は似ていますが、芦毛は生まれたときの肌の色は黒っぽく、毛色は”青毛”や”鹿毛”に近い色をしており歳を重ねるにつれて白毛になっていくのに対し、白毛は生まれたときから白い毛の部分が多いこと、そして肌の色がピンクであることで”白毛”とされます。

なので、ブチコさんのようにブチ模様が入っていても生まれたときに白い毛が多く、肌がピンク色だと”白毛”として登録されるんですね。(むしろ、斑毛とか作ってほしい)

その点、純白ともいえるほどの白毛のソダシちゃんは本当に珍しいのです!!

現在、中央で活躍している白毛馬さんたちはこちら。

・ソダシ  (牝馬・3歳)
・ハヤヤッコ(牡馬・5歳)
・ダノンハーロック(牡馬・3歳)
・シロニイ (牡馬・7歳)
・ブッチーニ(牝馬・5歳)

ソダシの妹

ソダシちゃんには2019年に生まれた『ママコチャ』という妹がいます。

ママコチャちゃんは、芦毛であるクロフネさんと白毛のブチコさんの子供ですが“鹿毛”の女の子でソダシちゃんの全妹となります。

今年の4月にゲート試験を合格しており、これからデビューを迎えるママコチャちゃん。

ソダシちゃんの妹ということもありデビュー前であるにも関わらず、すでに注目している方も多いようです!

ケガや病気などせずに元気にデビュー戦を迎えて、ソダシちゃんのように重賞でも活躍していってほしいですね♪

ソダシの性格・気性は?

気性難で知られたブチコさんの子供であるソダシちゃんですが、性格や気性はお母さんに似ているのか調べてみました!

ちょっと幼くてやんちゃ!

3歳であるソダシちゃんの性格は、幼くやんちゃな部分があるようです。

ゲートをぶち破るという暴挙に出るお母さんのブチコさんほどではなくても、ゲートでは少々うるさいときもあるんだとか。

しっぽには「この仔は蹴り癖があるから気を付けてねぇ」という印であるリボンもつけています。

しかしながら、走り出すと途端に真面目に一生懸命走ることができ、オンとオフがしっかりできる性格なようです!

また、根性があるのもソダシちゃんの魅力ではないでしょうか。

気性はどちらかといえばお母さんに似ているようですが、とにかくケガだけはしないようにこれからも頑張ってもらいたいですね!

ソダシのこれまでのレース結果

日付 開催 天気 馬場 レース名 距離 着順
2020年7月12日 函館 2歳新馬 芝1800 1着
2020年9月5日 札幌 札幌2歳S(GⅢ) 芝1800 1着
2020年10月31日 東京 アルテミスS(GⅢ) 芝1600 1着
2020年12月13日 阪神 阪神ジュベナイルF(GⅠ) 芝1600 1着
2021年4月11日 阪神 桜花賞(GⅠ) 芝1600 1着

【2歳新馬戦】純白の馬体でも注目!デビュー戦で2着馬に2馬身差以上をつけて1着!

デビュー戦でのソダシちゃんは、スタートから2番手につけレースを進めていき最後の直線でスッと抜け出し、2着のギャラントウォリアくんに2馬身差以上をつけてのゴール!!

白毛の馬体が、他のお馬さんとの力の差を見せつけ華々しいデビュー戦を飾りました。

【札幌2歳ステークス(GⅢ)】JRAの芝重賞レースで白毛馬として史上初V!

白毛馬として、史上初のJRA芝重賞レースを制覇したソダシちゃん!
穢れなきニューヒロインの誕生とより注目を集めました。

外枠という不利なレースであったにもかかわらずパワフルな走りを見せ、ロスの多い外回りのレース展開であったことも感じさせないような走りで堂々の1着となりました。

【アルテミスステークス(GⅢ)】初めての東京の地!重賞連覇!

前走、前前走の1800mから1600mに距離を短くして挑んだ1戦。また、初めての東京。

ここでも、パワーを見せつけぐんぐんと伸びて快勝だったソダシちゃん!
GⅠへの切符を手に入れました!

【阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)】白毛馬初のGⅠ制覇!伝説となった1戦

白毛一族の夢といわれたGⅠを制覇したソダシちゃん!

レースでは、前を塞がれて右往左往する場面も見られ苦しい展開となりましたが、最後は体を大きく使い、追い上げてきたサトノレイナスちゃんを鼻差で制して1着!

ソダシちゃんの勝負根性を見せつけた1戦でした。

【桜花賞(GⅠ)】またもや快挙!白毛馬では世界初のクラシック制覇!コースレコードも♪

桜花賞では、世界で初めての白毛馬のクラシック制覇ということもあり世界中から注目を集めたソダシちゃん!

レースでは、いいスタートを切り3番手をキープしつつ絶好の手応えで4コーナーを通過。
残り200mのところで先頭集団を抜け出し先頭に立ち、外からきたサトノレイナスちゃんをクビ差でしのぎきっての1着!

周りのお馬さんに臆することなく自分のペースで走りきれるソダシちゃん!カッコいい!!

また、タイム1分31秒1という驚異的なコースレコードも叩き出しました!

ソダシの距離適性やスタミナは?

ここまで無敗で勝ち続けているソダシちゃん!

今までのレースを振り返ってみると、芝1600mと1800mのみのマイル戦を中心とした出走となっています。

少なくともマイル戦はお得意であることは確かなようです。

次走は、東京競馬場で開催される優駿牝馬(オークス)への出馬を表明

距離は芝2400mとなるため、今までのレースより長い距離を走ることになります。

そのため、スピードのみならずスタミナも兼ね備えていなければ勝つことができません。

正直、スタミナがどのほどのものなのか走ってみなきゃ分からないところではありますし、ソダシちゃんにとって苦しい戦いになることも考えられますが、元々パワーもあり心肺機能も優秀と言われているソダシちゃんであれば乗り越えれるのではないでしょうか?

1800mでも比較的余裕がある走りをしているように感じるので、もう少し距離が伸びても頑張れるくらいのスタミナがあるように感じます。

これまで一緒に戦ってきた吉田隼人騎手との信頼関係もバッチリでしょうし、ぜひ無敗のクラシック2冠を達成してほしいですね!

ソダシまとめ

今回は、”純白の女王”と呼ばれ数々の白毛馬一族の夢を叶えてきている”ソダシちゃん”についてご紹介しました。

ケガなく元気に走ってくれることが一番ですが、クラシック2冠を達成してほしいといった気持ちも大きいです♪

ぜひ次走でも勝負根性と強さを見せつけ頑張ってもらいたいと思います!



コメント

タイトルとURLをコピーしました