ステラリアの名前の意味や血統は?気性や距離適性についても

競馬

今回は、忘れな草賞で1着となったステラリアちゃんについてのご紹介です!

ステラリアちゃんの名前の意味や血統、気性面や距離適性についても調べていこうと思います♪

また、最後には今までのレースの振り返りもしていきますのでもしよろしければご覧ください!

スポンサーリンク

ステラリアの基本プロフィール

名前 ステラリア
性別 牝馬
生年月日 2018年1月25日
年齢 3歳
毛色 黒鹿毛
調教師 斉藤崇史(栗東)
馬主 社台レースホース
生産者 社台コーポレーション白老ファーム

ステラリアの名前の意味

“ステラリア”という名前の意味は、日本の各地で生息する小さくて可憐なお花「ハコベ」の学名です。

ハコベは“春の七草”としても有名ですね。

そして、ステラリアちゃんのお誕生日である1月25日の誕生花でもあります!

ハコベには「愛らしい」「ランデブー」といった花言葉があるそうです。

愛らしいステラリアちゃんにピッタリのお名前ですね♪

ステラリアの血統は?

父:キズナ(青鹿毛) 父:ディープインパクト 父:サンデーサイレンス
母:ウインドインハーヘア
母:キャットクイル 父:Storm Cat
母:Pacific Princess
母:ポリネイター(栗毛) 父:Motivator 父:モンジュー
母:Out West
母:Ceanothus 父:Bluebird
母:Golden Bloom

父:キズナ×母:ポリネイター

ステラリアちゃんの父はGⅠでも勝利をあげている”キズナ”さん、母は”ポリネイター”さんです。

また、祖父に“ディープインパクト”さん、イギリスで活躍した“モティヴェーター”さんをもつエリート家系のお馬さんです!

父のキズナさんは重賞レースで何度も勝利をあげており、フランスで行われたニエル賞でも勝利を掴んだ強いお馬さんです。

また母のポリネイターさんは、イギリスの競走馬として活躍しメイヒルS(GⅡ)の勝ち馬です。

2011年に繁殖のために日本へ来ていただいたお馬さんとなります。

そんな父と母から生まれたのが、ステラリアちゃんです♪

ステラリアの性格・気性は?


父のキズナさんは、オンとオフの区別がしっかりできてウィークポイントが少ないとても良い気性の持ち主だったと言われていますが、その子供であるステラリアちゃんはどういった性格・気性の持ち主なのでしょうか?

気性は繊細さん

ステラリアちゃんは気性が荒くはないものの、繊細すぎるところがあるそうです。

全国あちらこちらへと馬運車に乗せられて移動をするお馬さんたちですが、環境の変化に戸惑いを隠せないといった面があるのだそう。

そりゃ~初めて来る場所、初めて会うお馬さんたちがたくさんいれば緊張もしちゃいますよね!

繊細さんということは、ステラリアちゃんはきっと優しい心の持ち主ということでもあるのだと思います。

近況では心身ともに確実に成長していっているようで、繊細すぎる性格も改善されているそうです!

あまり気負いせずにこれからのレースも頑張ってもらいたいですね♪

ステラリアのこれまでのレース結果

日付 開催 天気 馬場 レース名 距離 着順
2020年6月6日 阪神 2歳新馬 芝1600 3着
2020年6月27日 阪神 2歳未勝利 芝1400 3着
2020年10月31日 京都 2歳未勝利 芝1800 1着
2020年11月29日 東京 ベゴニア賞(1勝クラス) 芝1600 2着
2021年2月13日 東京 デイリー杯クイーンC(GⅢ) 芝1600 6着
2021年4月11日 阪神 忘れな草賞(L) 芝2000 1着

【2歳新馬戦】デビュー戦では末脚を使って3着!

末脚を活かして追い上げるも結果3着となったステラリアちゃん。

華々しいデビュー戦とはなりませんでしたが、うちに秘めた能力が垣間見られる1戦でした。
繊細さんなステラリアちゃんなので、はじめてのレースで緊張しちゃってたのかもしれませんね。

【2歳未勝利戦】上がりは最速だったものの追いつけず3着!

前走よりも距離を短くして挑んだ2歳未勝利戦。

やはりまだ、レースに集中しきれずな部分もあったかなと思われるステラリアちゃん。
上がりは最速だったものの、前のお馬さんたちに追いつくことができずに3着となりました。

【2歳未勝利戦】5馬身差での圧勝!!

京都で行われた2歳未勝利戦。距離も1800mへと伸ばしての1戦でした。

最後の直線で一瞬で先頭に立ち、最終的には2着のお馬さんに5馬身差をつけての圧勝!!
3回戦目でステラリアちゃん初の勝利を収めました。

【ベゴニア賞(1勝クラス)】1着のキングストンボーイくんにクビ差で負けて2着

前走から勢いをつけて勝利を掴みたいステラリアちゃん。

しかしながら、キングストンボーイくんに競り負けてクビ差での2着となりました。
それでも上がり3ハロンは最速。さすがの末脚!

【デイリー杯クイーンカップ(GⅢ)】はじめての重賞では6着

はじめての重賞レースに挑んだステラリアちゃん!

後方から追走する形で走っていき、最後の直線で追い込みましたが届かず6着という結果に終わりました。
このときの1着馬はアカイトリノムスメちゃん。
しかしながら、やはりここでも上がりは最速だったステラリアちゃん!次こそは!!

【忘れな草賞(L)】捉えきって1着!いざ、オークスへ!

前走では、6着という結果だったステラリアちゃん。

オープン戦である忘れな草賞では、はじめての2000mへの挑戦となりました。
中団につけ折り合いもよく、最後の直線では毎回最速を叩き出す末脚を効かせて1着を勝ち取りました。
2着のエイシンヒテンちゃんに4分の3馬身差をつけてのゴールとなりました。

ステラリアの距離適性は?

これまでのレース結果的には、1800mと2000mで勝利しているステラリアちゃん。

単純に考えてみれば、短い距離よりは中距離のほうが向いているのかなと感じています。

また、父のキズナさんは中距離で特に活躍しましたし、祖父はディープインパクトさんということであれば、短い距離よりも中距離のほうがステラリアちゃんの力を発揮できるのではないでしょうか?

また、ほとんどのレースで上がり3ハロンを最速で走ってきているという点にも注目ですね!

次走は優駿牝馬(オークス)ですので、2400mという距離での戦いです。

他のお馬さんたちも未知の距離でのレースとなりますが、ステラリアちゃんももちろんはじめて!

まだ成長途中であるような感じもありますが、もしかしたらGⅠレース初勝利となるかもしれません!!

ステラリアまとめ

今回は父キズナさん×母ポリネイターさんの仔である、ステラリアちゃんについてご紹介しました!

気性面では繊細なハートの持ち主であるようですが、近況ではだいぶ落ち着いてきたようなので今後に期待ですね!

5月23日に行われる優駿牝馬(オークス)で勝ち馬となれば、父のキズナ産駒でもはじめてのGⅠ制覇となるのでその点でも楽しみです♪

ぜひぜひ頑張ってもらいたいですね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました