タイトルホルダーの気性や脚質・距離適性は?血統から名前の意味など基本情報まとめ

競馬

今回は、2021年の「弥生賞ディープインパクト記念(GⅡ)」を制覇した”タイトルホルダー”くんについてご紹介します!

タイトルホルダーくんの血統や名前の意味・由来などの基本情報から、気性・性格についてもまとめていきたいと思います!

最後の方ではこれまでのレース結果に加えて、脚質や距離適性についても調べていきますのでもしよろしければご覧ください!

スポンサーリンク

タイトルホルダーの基本プロフィール

名前 タイトルホルダー
性別 牡馬
生年月日 2018年2月10日
年齢 3歳
毛色 鹿毛
調教師 栗田徹(美浦)
馬主 山田弘
生産者 岡田スタッド

タイトルホルダー名前の意味・由来

タイトルホルダーくんの馬名は、「選手権保持者」という意味を持ちます!

このお名前を付けた理由としては、父のドゥラメンテさん、母父のモティヴェーター(Motivator)さんなどなど…二代母父がダービー馬であることから付けられました。

ダービー馬一族とも言えるエリート家系生まれのタイトルホルダーくん!

ダービーの制覇は叶いませんでしたが、ぜひこれからのレースで頑張ってもらいたいと思います!

タイトルホルダーの血統

父:ドゥラメンテ 父:キングカメハメハ 父:Kingmambo
母:マンファス
母:アドマイヤグルーヴ 父:サンデーサイレンス
母:エアグルーヴ
母:メーヴェ 父:Motivator 父:モンジュー
母:Out West
母:Top Table 父:Shirley Heights
母:Lora’s Guest

父:ドゥラメンテ×母:メーヴェ

タイトルホルダーくんの父は、2014年~2016年まで競走馬として活躍し、「皐月賞(GⅠ)」と「ダービー」を制覇した”ドゥラメンテ”さんです!

父にキングカメハメハさん、母にアドマイヤグルーヴさんを持つ超良血馬で生まれる前から皆の期待を背負って生まれてきて、その想いに見事に応えた名馬です。

ドゥラメンテさんといえば、「荒々しく、はっきりと(音楽用語)」といった意味のお名前の通り、気性に荒さはあったものの強烈な末脚が武器でした。

2015年のダービーでは、父キングカメハメハさんやディープインパクトさんのタイムを0.1秒更新し、レースレコードを叩き出しています。

また、皐月賞や中山記念の際にはパドックを周回しながら、時々リズムよく前脚を大きく振り上げてから下ろす、癖のある歩き方も話題になり”この歩き方をしているときは調子がいい!”とも言われていました!

(アンダルシアンホースが見せる、”スペイン常歩”という歩き方に似ているのだとか。)

そして、母はイギリス生まれの競走馬である”メーヴェ”さんです!

2010年~2012年まで競走馬として活躍し、自身は重賞勝利馬とはなれませんでしたが、2番仔であるタイトルホルダーくんがメーヴェさんに重賞を捧げました!!

また、1番仔には350キロ以下という小さな小さな馬体ながら、ステイヤーとして注目を浴びるメロディーレーンちゃんがいます。

2021年ドゥラメンテさんは9歳という若さで天国へと旅立ちました。
とても残念ですがこれまでの活躍に感謝し、ご冥福をお祈りいたします。

タイトルホルダーの気性・性格は?

タイトルホルダーくんは、どんな気性・性格の男の子なのでしょうか?

馬に対してはキツイ性格で親分肌

タイトルホルダーくんは、人間に対しては大人しいものの馬に対してはキツく親分気質の男の子のようです!

馬の中にいると”自分は絶対的王者だ”といった振る舞いをするのだとか!

人には従順でトレーニングはしっかりこなすタイプでありながら、他の馬には絶対負けたくないといった負けん気の強さがある男の子みたいです。

レースでも負けん気の強さは見られ、ハナを走りたがる前向きすぎる気性でもあります。

どうしても他の馬を気にしてしまうところがあるようで、自分は一番でなければ行けないといった気持ちが強いのかもしれません!

勝負根性はそのままに、心に余裕を持った大人な気性に成長してくれると、よりタイトルホルダーくんの実力が発揮できそうですね!

タイトルホルダーこれまでのレース結果

日付 開催 天気 馬場 レース名 距離 着順
2020年10月4日 中山 2歳新馬戦 芝1800右 1着
2020年11月23日 東京 東京スポーツ杯2歳S(GⅢ) 芝1800左 2着
2020年12月26日 中山 ホープフルS(GⅠ) 芝2000右 4着
2021年3月7日 中山 ディープインパクト記念(GⅡ) 芝2000右 1着
2021年4月18日 中山 皐月賞(GⅠ) 芝2000右 2着
2021年5月30日 東京 東京優駿(ダービー)(GⅠ) 芝2400左 6着
2021年9月20日 中山 セントライト記念(GⅡ) 芝2200右 13着

【2020年・2歳新馬戦】1馬身差以上つけて快勝!

デビュー戦でのタイトルホルダーくんは、バッチリスタートを決めてハナに立ちレースを進めました!
最終コーナーを周り直線を向くと、追い上げてくるお馬さんたちを尻目にスピードを上げていくタイトルホルダーくん!
ゴール手前で引き離すと、1馬身以上差をつけて逃げ切り勝ちとなりました♪

【2021年・弥生賞ディープインパクト記念(GⅡ)】スタートダッシュも決まり勝利!

スタートダッシュでハナを勝ち取りレースを進めたタイトルホルダーくん!
道中は後続のお馬さんに2馬身ほど差をつけてスローペースで逃げました。
最後の直線では、しっかり脚を伸ばして後続のお馬さんを寄せ付けず逃げ切りが勝ち!
初の重賞制覇を手にしました♪

【2021年・皐月賞(GⅠ)】8番人気ながら2着好走!

父も制覇した皐月賞に参戦したタイトルホルダーくん!
いつも通り好スタートを決めると、2番手に控えてレースを進めます。
3・4コーナーでハナに立つと、直線で脚を伸ばします!
勝ち馬のエフフォーリアくんに突き放されてしまいましたが、タイトルホルダーくんは粘り強く走りきって2着で入線!8番人気ながら好走しました♪

【2021年・東京優駿(ダービー)(GⅠ)】ダービー制覇ならず6着

ダービーでのタイトルホルダーくんは、逃げ宣言をしていたバスラットレオンくんが宣言通り逃げ、その後ろの2番手でレースを進めました。
少し力んでいる様子を見せたタイトルホルダーくんは、最後の直線でじわじわと脚は伸ばしたものの結果は6着とダービー制覇とはなりませんでした。

タイトルホルダーの脚質は?

タイトルホルダーくんは、前向きな気性もあり先行してレースを進めるのが得意です!

スタートダッシュをしっかりと決めることができ、先行力があります。

とにかく負けず嫌いなので、多少苦しくなっても底力を発揮して粘り強く走れることがタイトルホルダーくんの魅力ではないでしょうか♪

タイトルホルダーの距離適性は?

タイトルホルダーくんはこれまで、芝1800m~2400mまでの距離を経験しました。

血統的にも、父・ドゥラメンテさん、母・メーヴェさんともに2000m前後で活躍していたこともあるので、1800m~2400mほどの距離が適正と思われます。

気性の落ち着きが出れば、もしかするともう少し距離が伸びても活躍出来る可能性を秘めているかもしれません。

タイトルホルダーまとめ

今回は、 2021年の「弥生賞ディープインパクト記念(GⅡ)」を制覇した”タイトルホルダー”くん についてご紹介しました!

父にドゥラメンテさん、母にメーヴェさんを持つ鹿毛の男の子です!

また、日本・海外のダービーで活躍したお馬さんばかりのダービー馬一族!

残念ながらタイトルホルダーくんはダービーでは6着と勝利には届きませんでしたが、晩成血統と言われているので、今後の活躍に期待したいと思います!

【次走…菊花賞(GⅠ)に出走予定】阪神・芝3000m(右)

次走は菊花賞に出走を予定しています!前走のセントライト記念では13着となってしまいましたが、菊花賞ではぜひ頑張ってもらいたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました