シャフリヤールの名前の由来や血統・距離適性は?気性や兄弟についても

競馬

今回は、“菊花賞当日”に行われる「伝説の新馬戦」を制したシャフリヤールくんについてご紹介します!

2008年以降、菊花賞当日の新馬戦で好着となったお馬さんが重賞を制覇することが多いということで「伝説の新馬戦」と呼ばれるようになり、競馬ファンや関係者の方も注目するレースとなっています。

そんな新馬戦を制したシャフリヤールくんの、名前の由来や血統・距離適性など調べていこうと思います!

また、最後にはこれまでのレースの振り返りもしていますのでもしよければご覧ください!

スポンサーリンク

シャフリヤールの基本プロフィール

名前 シャフリヤール
性別 牡馬
生年月日 2018年4月13日
年齢 3歳
毛色 黒鹿毛
調教師 藤原英昭(栗東)
馬主 サンデーレーシング
生産者 ノーザンファーム

シャフリヤールの名前の由来

“シャフリヤール”という名前の由来は、ペルシャ語で『偉大な王』という意味だそうです!

シャフリヤールくんの父は”英雄”と呼ばれたディープインパクトさんですが、その息子は”王”。

なんだか貴族のような感じですね(笑)

また、伝説の新馬戦を制覇したシャフリヤールくんにピッタリのお名前ではないでしょうか♪

ぜひ、名実ともに競馬界の”偉大な王”と呼ばれるように頑張って欲しいですね!

シャフリヤールの血統は?

父:ディープインパクト 父:サンデーサイレンス 父:Halo
母:Wishing Well
母:ウインドインハーヘア 父:Alzao
母:Burghclere
母:ドバイマジェスティ 父:Essence of Dubai 父:Pulpit
母:Epitome
母:Great Majesty 父:Great Above
母:Mistic Majesty

父:ディープインパクト×母:ドバイマジェスティ

シャフリヤールくんの父は、”ディープインパクト”さんです。

父のディープインパクトさんは、14戦12勝という驚異の記録を残す有名馬。

3着以下になったこともなく、無敗のまま中央競馬クラシック三冠を達成した…まさしくレジェンドなお馬さんです!

母の”ドバイマジェスティ”さんはアメリカで活躍した競走馬で、GⅠレースも制覇しておりアメリカの牝馬チャンピオンスプリンターにも輝いたお馬さんです!

そんな二頭から生まれたのが、シャフリヤールくんです!

シャフリヤールの兄弟

シャフリヤールくんは5兄姉の末っ仔です。

1番上のお姉ちゃんで8歳の“ジュベルアリ”さんはデビュー前に故障に見舞われ競走馬を諦めて繁殖牝馬となり、現在はお母さんとして頑張っています。

競走馬として現役で頑張っているのは、6歳の“ダノンマジェスティ”くん、4歳の“ヒメノヒカリ”ちゃんがいます。

そして、シャフリヤールくんのお兄ちゃんには「2017年の皐月賞(GⅠ)」や「2019年の大阪杯(GⅠ)」などのクラシックも制覇した“アルアイン”さんがいます!

現在は引退して繁殖で頑張っていますが、現役時代は多くの重賞レースで活躍したお馬さんです!

シャフリヤールくんにも、アルアインお兄ちゃんのようにぜひ多くのレースで活躍してもらいたいですね!!

シャフリヤールの気性・性格は?

名馬である父と母の元に生まれ、兄もクラシックを制覇しているエリート家系のシャフリヤールくんですが、本人はどういった性格の男の子なのでしょうか?

前向きな性格

血統的にも少し難しい面はあるものの、お兄ちゃんより気性は落ち着いているというシャフリヤールくん!

パドックでは多少入れ込んでしまいチャカチャカと落ち着かないところもありますが、それは前向きな性格の表れなんだとか♪

お兄ちゃんの”アルアイン”さんはレースで気性難が露呈してしまうことがあったようですが、シャフリヤールくんは操縦性も高いといった厩舎のコメントもありましたので、レースとなれば素直な性格なのかもしれません!

次走の日本ダービーでも落ち着いてレースに出走してほしいですね!

シャフリヤールのこれまでのレース結果

日付 開催 天気 馬場 レース名 距離 着順
2020年10月25日 京都 2歳新馬 芝1800 1着
2021年2月14日 東京 共同通信杯(GⅢ) 芝1800 3着
2021年3月27日 阪神 毎日杯(GⅢ) 芝1800 1着

【2歳新馬戦】”伝説の新馬戦”を制覇!

スタートもスムーズにきめたシャフリヤールくん!
前半から流れに乗って、中団あたりを追走していきました。

最後の直線で伸びやかな末脚を使って馬群を抜け出すと、ヴィヴァンくんとの一騎打ち!
最後はクビ差でこの戦いを制しました!!
シャフリヤールくん(1着)とヴィヴァンくん(2着)が後続のお馬さんに4馬身差をつけての圧勝となりました。

【共同通信杯(GⅢ)】初の重賞レースでは位置取りも悪く、結果は3着

デビュー戦から約4ヶ月空けて挑んだ共同通信杯。

枠順が外枠だったということもあり、スタートが悪くなかったものの位置取りはいまいち…。
直線では伸び脚をみせたシャフリヤールくんでしたが結果は3着となりました。

【毎日杯(GⅢ)】馬群の中を突き進んで1着!

今までのレースでは外回りする競馬を見せていたシャフリヤールくんでしたが、毎日杯では馬群の中を突き進むレースを見せました!

最後はのびのびとした脚で、2着のグレートマジシャンくんをクビ差で制しました!
また、このときには”1分43秒9”というレコードタイムを叩き出しての勝利!!

シャフリヤールの距離適性は?

これまでのレースでは、3レースとも芝の1800mに出走してるシャフリヤールくん。

それ以下の距離も、それ以上の距離もまだ走ったことはありません。

次走は、日本ダービーへの出走となりますので距離は2400mと今までよりは長くなります。

福永騎手のコメントによると、シャフリヤールくんは1800mよりも距離延長した方がプラスに働きそうとおしゃっていました。

また、藤原調教師も操縦性が良いお馬さんで距離延長という点ではあまり心配していないとのこと。

レース経験は他のお馬さんより少なめですが、前走の毎日杯のときよりも一層成長を見せたというシャフリヤールくん!

ぜひ、日本ダービーでも頑張ってもらいたいですね♪

シャフリヤールまとめ

今回は、伝説の新馬戦を制して、毎日杯ではレコードタイムを叩き出したシャフリヤールくんについてご紹介しました。

父母も兄もGⅠ馬であるエリート家系のシャフリヤールくん!

馬体重450kg前後であまり大きなお馬さんではないものの、レースには前向きでのびのびとした末脚が魅力のお馬さんです!

ぜひ、日本ダービーを勝ち取ってお兄ちゃんを超える競走馬になっていってほしいですね♪

コメント

  1. シャフリヤールって5人兄姉で私の好きなコントレイルの弟さんでしょう?
    いずれはディープの子供達でレースをする日が遠くないでしょう(^_^)(^_^)
    ディープの子供達って皆綺麗な顔立ちですねえ。

    • こんにちは!コメントありがとうございます。
      記事内では、お父さんもお母さんも同じの兄姉のみ書かせていただきました^^

      コントレイルくんもディープインパクトさんの子供なので、シャフリヤールくんにとって半兄のお兄ちゃんですね!

      ディープインパクトさんの仔は綺麗で走り姿もカッコよく素敵だと思います^^

タイトルとURLをコピーしました