カレンモエ名前の意味や由来は?血統や脚質・距離適性から気性を解説

競馬

今回は、芦毛のアイドル的存在でピンクのメンコが似合う女の子カレンモエ”ちゃんについてご紹介します!

毎回レースでは1番人気!

見た目の可愛さのみならず、競走馬として多くのファンを魅了しているカレンモエちゃん♪

そんな彼女の名前の意味や、血統、脚質や気性についてなど調べていきたいと思います!

最後にはレースの振り返りもしていますので、もしよければご覧ください。

スポンサーリンク

カレンモエの基本プロフィール

名前 カレンモエ
性別 牝馬
生年月日 2016年2月3日
年齢 5歳
毛色 芦毛
調教師 安田隆行(栗東)
馬主 鈴木隆司
生産者 社台ファーム

カレンモエの血統

父:ロードカナロア 父:キングカメハメハ 父:Kingmambo
母:マンファス
母:レディブラッサム 父:Storm Cat
母:サラトガデュー
母:カレンチャン 父:クロフネ 父:フレンチデビュティ
母:ブルーアヴェニュー
母:スプリングチケット 父:トニービン
母:カズミハルコマ

父:ロードカナロア×母:カレンチャン

カレンモエちゃんの父は、2010年~2013年までスプリンターとして名を馳せた”ロードカナロア”さん。

その戦績は”19戦13勝”で着外になったことは一度もなく、香港のGⅠレースでも2年連続で覇者となり「世界のロードカナロア」とも呼ばれたお馬さんです。

数々のスプリントレースで勝ち星をあげた優秀短距離馬!

また、母の”カレンチャン”さんも同じくスプリンターとして2009年~2012年まで多くの重賞を制覇したお馬さん。

2012年の「高松宮記念(GⅠ)・芝1200m」では、1着:カレンチャン・3着:ロードカナロアとこの時には母が制しました。

その後、2012年の「スプリンターズS(GⅠ)・芝1200m」では、1着:ロードカナロア、2着:カレンチャンと今度は父のロードカナロアさんが制し、ワンツーフィニッシュを飾ったこともあります。

カレンモエちゃんの両親は、現役時代に凌ぎを削った仲でもあるんですね!

愛の結晶と夢の配合のカレンモエ

名スプリンターと名高いカレンモエちゃんの父と母ですが、ロードカナロアさんは現役時代にカレンチャンさんにをしていたことでも有名です♪

二頭は同じ厩舎で1つ上の先輩であるカレンチャンさんは、クールな性格なのかロードカナロアさんのことをそこまで気に留めていなかったようですが、ロードカナロアさんの方はだいぶゾッコンだったのだとか!

厩舎にいても、レース前でもカレンチャンさんのことが気になって仕方がないといった感じだったそうです。

ロードカナロアさんが馬っ気を出してしまうため、カレンチャンさんと二頭だけにするのは避けるよう厩務員さんも気を遣っていたという話もあるほど。

そんな、ロードカナロアさんの恋が実ったのは2016年のこと。

現役時代には凌ぎを削り、両馬ともに名スプリンターと呼ばれた二頭の間に生まれた愛の結晶であるのが”カレンモエ”ちゃんです♪

夢の配合”と言われているのは両馬が優秀な短距離馬であることだけではなく、このロードカナロアさんの恋物語があったからとも言えるのではないでしょうか。

カレンモエの名前の意味・由来

カレンモエちゃんの名前は、”カレン”の部分は「冠名」、”モエ”はハワイ語で「夢」という意味だそうです!

冠名である”カレン”は、馬主である鈴木隆司さんの娘さんのお名前を由来としています。

”夢の配合”とも言われている、父・ロードカナロアさんと母・カレンチャンさんの娘であるカレンモエちゃんにピッタリのお名前ですね!

また、多くの競馬ファンに夢を与えてくれているといった点でもピッタリだと思います!

カレンモエの気性・性格は?

カレンモエちゃんの気性は、穏やかと言っていいのではないでしょうか。

パドックやレースっぷりを見ても落ち着いている印象があります。

ただ、パドックではおしゃれなメンコを被っているので音には少し敏感なのかもしれませんね。

また、カレンモエちゃんはのんびりしていて大人しい性格の持ち主のようです。

大切に育てられてきたからこそだと思いますが、人に対して従順で優しい女の子なのだとか!

母のカレンチャンさんに似て顔も可愛くて、性格もよくて、強い!

パーフェクトガールですね♪

カレンモエのこれまでのレース結果

日付 開催 天気 馬場 レース名 距離 着順
2019年2月10日 小倉 稍重 3歳新馬 芝1200 1着
2019年4月29日 京都 3歳500万以下 芝1200 3着
2019年7月13日 函館 3歳以上1勝クラス 芝1200 1着
2019年10月6日 京都 3歳以上2勝クラス 芝1200 3着
2020年1月13日 京都 乙訓特別(2勝クラス) 芝1200 4着
2020年2月15日 小倉 紫川特別(2勝クラス) 芝1200 1着
2020年8月22日 小倉 佐世保S(3勝クラス) 芝1200 2着
2020年9月26日 中京 長篠S(3勝クラス) 芝1200 1着
2020年11月29日 阪神 京阪杯(GⅢ) 芝1200 2着
2021年3月6日 中山 稍重 夕刊フジオーシャンS(GⅢ) 芝1200 2着

【3歳新馬戦】2馬身差で快勝のデビュー戦!

名スプリンターの仔ともあって1番人気で迎えたデビュー戦。
カレンモエちゃんははじめてのレースにも関わらず安定したスタートで先行。

最後の直線では2馬身差をつけて快勝し、その人気に応えました!

【京阪杯(GⅢ)】はじめての重賞レースではクビ差で敗れ2着

はじめての重賞レースでのカレンモエちゃんも安定の1番人気!

安定したスタートでスピードに乗り2番手を先行していきました。
1着のフィアーノロマーノくんにクビ差で敗れての2着となりましたが、最後の直線では粘り強さが光った1戦となりました。

【夕刊フジオーシャンステークス(GⅢ)】勝ちきれず、ハナ差での2着

安定した先行力を見せたカレンモエちゃん。

先頭のビアンフェくんの後ろにつけ2番手をスムーズに追走していきました。
最後の直線で一度は先頭に抜け出すも、ゴール寸前でコントラチェックちゃんにハナ差制されての2着となりました。

カレンモエの脚質・距離適性

カレンモエちゃんは、血統から見ても生粋のスプリンターです。

現在まで、芝1200mでのレースのみに出走してきています。

脚質は、スタートが上手でスピードに長けており先行して走る競馬が得意です!

ハイペースであっても粘れる持久力根性も持ち合わせており、後ろのお馬さんからの追撃も凌げる脚をもっているのもカレンモエちゃんの特徴です♪

しかし、重賞レースでは勝ちきれておらず、これからのカレンモエちゃんに期待したいと思います♪

カレンモエまとめ

今回は、ロードカナロア×カレンチャンの愛の結晶カレンモエちゃんについてご紹介しました!

見た目の可愛さもありファンも多い芦毛のアイドル、カレンモエちゃん♪

優秀な両親をもつカレンモエちゃんですから、レースのたびにものすごいプレッシャーも感じていると思います。

現時点では重賞を勝ちきれておらず、GⅠレースへの出走はお預けとなってますがお父さんとお母さんのようにスプリンターとしてこれからの活躍に期待ですね!

次走…【函館スプリントS(GⅢ)に出走予定】札幌・芝1200m(右)

次走は、6月13日の日曜日に札幌で行われる「函館スプリントS」に出走予定です!
父と母もこのレースに出走し、ロードカナロア・2着、カレンチャン1着と好走したレースとなっていますので、ぜひカレンモエちゃんにも頑張ってもらいたいですね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました